BLOG

5万円位までのお金を借りる方法 前編

2019/04/15
ロゴ

5万円位までのお金を借りる方法 前編

 

 

 お金がなくて困ったという時に利用を考えるのは、借入だという方は多いと思います。

 

 しかし、ひと言で借入といっても人によって借りたい金額や利用目的は大きく変わります。

 

 そこで今日は、そんな借入の中でも、5万円位までのお金を借りるおすすめの方法を前編と後編に分けて説明していきます。

 

 

お金を借りる方法ってどんなものがある?

 

 

 まずはお金を借りるにはどのような方法があるのかを知っておきましょう。

 

 お金を借りる方法で代表的ものは以下のとおりです。

 

 ・消費者金融系カードローン

 ・銀行カードローン

 ・クレジットカードのキャッシング枠

 ・中小消費者金融

 ・フリーローン

 ・親族や友人、恋人

 ・公的機関の貸付制度

 ・生命保険の契約者貸付制度

 ・給料ファクタリング

 

 

◎消費者金融系カードローン

 

 消費者金融系カードローンは、消費者金融が提供する多目的ローンになります。

 

 おもな特徴は以下のとおりになります。

 

 ・限度額の範囲内で何度でも借入できる

 ・多目的ローンなので資金使途が基本自由

 ・保証人や担保が不要

 

 上限金利が、年18.0%と高いという欠点がありますが、申し込みの手軽さや審査の難易度が低めというのがメリットになります。

 

 

◎銀行カードローン

 

 銀行カードローンは銀行が提供するカードローンになります。

 

 基本的な部分は、消費者金融系カードローンと同じですが、上限金利の相場が年14.5%付近となっており、消費者金融より低金利で借入できる

 可能性が高いというメリットがあります。

 

 ただし、その分審査ハードルが消費者金融カードローンより高くなってしまいます。

 

 また、融資までのスピードも消費者金融カードローンに劣るという欠点もあります。

 

 

◎クレジットカードのキャッシング枠

 

 クレジットカードのキャッシング枠によっても現金の借入が可能になります。

 

 クレジットカードのキャッシング枠も、カードローンと基本的な特徴は同じですが、すでにカードへ付属済みであれば審査なしで借入可能という

 大きなメリットがあります。

 

 また、新たに付属させる場合であっても審査のハードルは低いため、支払トラブル等の問題がない限りは高い確率で審査に通ります。

 

 その反面、以下のようなデメリットも存在します。

 

 ・限度額はショッピング枠と共通

 ・金利が高い

 

 とくに、限度額はショッピング枠と共通であるため、借入するとカード自体の限度額が減ってしまう点が大きな欠点になります。

 

 

◎中小消費者金融

 

 中小消費者金融とは、大手以外の中小企業の消費者金融のことをいいます。

 

 金融庁の調査によると、消費者金融の登録数は1,800くらいとなっており、大手以外にも沢山の消費者金融があります。

 

 そんな中小消費者金融の特徴は、大手とは違う独自の審査基準を持っている可能性があるという点です。

 

 中小消費者金融は、大手の審査基準では借入できなかった人をターゲットにしている傾向があります。

 

 そうしたことから、大手とは違う独自の審査基準を採用している場合があるのです。

 

 よって、大手よりも審査はやさしい傾向にあるとされています。

 

 その一方でサービス面は大手よりも劣る傾向はあります。

 

 中小消費者金融は、大手よりも審査に時間がかかる場合があり、即日融資に対応してくれない業者もあります。

 

 また、土日祝は多くの業者が休みになってしまうという点も欠点になります。

 

 その他、大手とは違い、カードローンではなくキャッシングという形の業者が多いため、ローンカードが発行されずに、借入や返済の

 方法も限られてしまうという場合も多いのです。

 

 

さいごに

 

 

 後編で詳しく説明しますが、七福神の給料ファクタリングでは即日融資に変わる即日資金調達が可能になります。

 

 デメリットとして、借入に比べ利息(手数料)が高くなってしまう傾向がありますが、ブラック、自己破産経験者、債務整理中の方で

 あっても、利用可能になっています。

 

 急な資金調達や、急な出費に、七福神の給料ファクタリングを宜しくお願い致します。