BLOG

~匿名四月から係長の独り言~   =PLとBSの関係=

2019/06/10
ロゴ

=PLとBSの関係=

 

皆さんは、PLとBSって何かわかりますか?

日本の会計基準では、3つの表を財務三表といいます。

 

損益計算書(PL:Profit and Loss statement)

 

貸借対照表(BS:Balance Sheet)

 

キャッシュフロー計算書(CF:Cash Flow statement)

 

これらの表は、連動しています。個別に見るだけでは不十分です。

PL.BSを読むというのは、決算書に書かれた言葉や数字を理解するではなく、会社のお金の流れを読み、どんな事業がどのように行われているかを推測します。

 

PL(損益計算書)は、ある一定期間の間に得られた収益(≒売上)から、かかった費用を差し引いた差から損益を計算する表です。

 

収益-費用=損益

 

こんなに簡単な事です。収益が費用より大きければ、その差は利益になりますし、収益より費用が大きければ損失になります。

 

BS(貸借対照表)

こちらは、ある時点で持っている財産の状態を、資産・負債、その差額である純資産に分けてあらわした表です。

自分が持っているお金を、どんな形で持っているかを左側に、それがいずれ誰かに返さないといけないお金(負債=他人資本) 誰かに返さなくてもいい自分のお金(純資産=自己資本)なのかを右側に表します。

BSでは、必ず左右の合計金額が同じになります。

 

スキルをつけることは自分の世界を広げると思います。

興味の無かった事でも、このblogを通し興味がでたら、まず触れてみて下さい。

それから、大きな皆さんの1歩になればいいなと思いながらblogを書かせてもらっています。

今は、ネットの発達で自分の興味をアクセスしやすくなりました。ビジネスや趣味など、あらゆる興味にアクセスできます。

少しの興味が、可能性を広げ見え方が変わってくると思います。

匿名四月から係長のblogから興味を広がれば私も嬉しいです。