BLOG

資金使途とカードローンについて

2019/06/11
ロゴ

資金使途とカードローンについて

 
 カードローンの審査を受ける際に、資金使途が審査にどのような影響を受けるのか。

 今日は、好印象を与える資金使途、悪い印象を与える資金使途について詳しくご説明させて頂きます。

 カードローンの使い道は比較的自由です。

 目的別ローンでは、資金使途が元々決まっているためその他の用途で利用することは出来ません。

 また申し込みの際に、見積書、パンフレット、場合によっては借入後に領収書を提出する所もあります。

 こちらの注意点として、他の使い道をした場合一括での返済を求められることもあるので気を
 付けましょう。

 大手各社でもカードローンごとで資金使途は異なります。

 借り入れたお金を事業資金として利用することが出来ない銀行系カードローンが多いです。

 また、プロミス、ジャックス、クレディセゾンも、事業資金は不可となっています。

 面白いのが、ギャンブルで使用するために使ってはいけないと明記されている場合もあります。

 万が一ギャンブルに使う場合でも審査時にわざわざ申告しないよう注意しましょう。
 
 審査が落ちる場合もあります。

 
大手カードローン会社の資金使途


 銀行系は事業性資金以外であれば原則自由

(三菱UFJ銀行、 三井住友銀行、みずほ銀行、住信SBIネット銀行、新生銀行レイク等)

 
消費者金融系


 ・制限なし、自由
 (アコム、アイフル、SMBCモビット)

・プロミス

 生活費に限る、個人事業主は生活費および事業費
 信販系
 制限なし、自由
 (三井住友カード、オリコ、オリックス)

・ジャッカクス

 業性資金、他社債務弁済以外であれば自由

・クレディセゾン

 事業性資金以外であれば原則自由 

 なぜ、事業性資金として利用ができないカードローンがあるのでしょうか。

 それは、カードローンで借りるお金は消費資金であり、事業資金ではないからです。

 事業性資金として融資を受ける場合、保証人や担保を用意することもあります。

 貸し倒れが発生し回収困難となった場合、リスク回避のために差し出すことになります。

 事業性資金の審査は全く内容が変わるんですね。

 また通常のカードローン審査と比較すると、事業性資金の審査のほうが難しく、事業性資金として
 利用できるカードローンの場合、元々金利が高い場合がほとんどです。

 
資金使途の申告によって有利に働く場合
 

 スキルアップ(資格取得など)冠婚葬祭、旅行、習い事、車の修理や車検費用、子供の教育資金、
 結婚祝い金、家具家電の購入などがそれに当たります。

 生活にプラスするものなどは、有利に働くようです。

 生活に困窮して借りたい訳ではなく、遊びたいからお金を貸して欲しいと。

 不純でもその方が余裕があるように感じるのかもしれません。


逆に不利に働く場合

 
 納税、投資、医療費、ギャンブル、引っ越し費用、借金の返済

 意外な医療費ですが、人間、身体が資本です。

 働けなくなるリスクを露呈するのは不利に働きます。

 
資金使途ランキング(日本貸金業協会WEBサイトより引用)

 
 1位:趣味・娯楽(レジャー、旅行費を含む)

 2位:食費

 3位:家賃支払い(住宅ローン返済を含む)

 4位:自動車購入費(車検整備費用等を含む)

 5位:衣料費

 6位:医療費

 7位:納税・納付等の支払い

 8位:ギャンブルで必要となった費用

 9位:授業料・保育料・給食費等の学校関連費用

 10位:通信費(電話料金やインターネット利用料など) 
 

カードローン抑えておきたいポイント


 給料日に完済できる金額のみ借入する、増枠しやすくなるというメリットがあります。

 消費者金融系のカードローンでは、30日間の無利息期間を設けていることがあります。

 30日間で完済するならぜひ利用しましょう。

 低金利でも返済が長期の場合、総返済額は大きくなります。

 カードローン会社によって返済方式は違いますが、残高リボルビング払いが多いです。

 元金が減少しづらい返済方式のため気を付けましょう。

 
その他のローンの資金使途

 ・カードローンの場合 :旅行、冠婚葬祭などの一時的な用事を書くこと。
 ・おまとめローンの場合:おまとめ、借り換えと絶対申告すること。
 ・目的別ローンの場合 :目的は決まっているので、正直に書き、虚偽の申告は絶対にしないこと。
 ・フリーローンの場合 :旅行、冠婚葬祭などの理由が好ましい。


まとめ


 カードローンの資金使途を申告するときは、基本的には実際の使いみちを正直に記入しておけば問題
 ありません。

 ただギャンブル資金や他社返済など、返済能力が疑われるものは審査落ちの原因となりますので
 避けましょう。

 また、銀行カードローンの場合は、事業性資金には使えないことも覚えておきましょう。

 借り入れ目的がハッキリ決まっているときは、目的別ローンが利用できないか一度検討してみるのが
 おすすめです。

 比較的金利が安い場合がほとんどです。

 色々なローン商品がありますので、その中から自分の状況に合ったものを見つけましょう。


さいごに


 七福神の給料ファクタリングでは、目的を必ずお聞きしています。

 ただ、七福神の場合は審査に影響することはほとんどありませんので、嘘の申告だけはしないように
 して申込をしてきましょう。

 ブラック、自己破産、債務整理、総量規制などでも取引可能な七福神の給料ファクタリングを宜しく
 お願い致します。