BLOG

キャッシングなどの借入があると金融機関に就職できないのか?

2019/07/17
ロゴ

キャッシングなどの借入があると金融機関に就職できないのか?

 

消費者金融や銀行、これらのキャッシングなどの借金、借入があると就職活動に不利になると不安になったりしませんか?

 

キャッシングなどの借入が就職に影響を与えることはほとんどありませんが、金融機関などに就職を考えているなら悪影響になるので注意が必要です。

 

まず一般企業で働くのならほぼ問題はないと考えていいでしょう。

問題は金融機関で働く場合です。金融機関の場合はリスクはあります。

 

まぁ借金はしないほうが絶対いいので、金融機関で働くにしろ働かないにしろ、借金は早く返してキャッシングなどの借入はしなようにするべきです。

 

今は個人情報も徹底されていますし、会社が個人の身辺調査をすることはまずないです。

それに、信用情報機関はキャッシングなどの借入をしている本人、もしくはその代理人でないと情報公開請求は行えません。ですので消費者金融や、これらの借金をしている事実が会社側にバレることはありません。

 

ですが、返済が遅れて本人と連絡がつかなかったりすれば、消費者金融などの業者から連絡が入る場合がありますので、消費者金融、これらの返済は遅れないようにしましょう。

 

消費者金融、、これらの借金が原因で従業員を辞めさせることは法律で禁じられています。ですが借金をして会社に迷惑をかけてしまえばその後会社に居続けるのも気まずくなると思いますので、金融機関、一般企業、どこで働くにしろ業者に借入していることがバレないように借入の返済は必ずしましょう。

 

返済が期日通りに難しい場合でも、業者に連絡をしていれば問題ありません。返済がこの先難しいと感じたなら、弁護士に債務整理、任意整理、個人再生などの法的手続きを検討したほうがいいかもしれません。

債務整理、任意整理、個人再生、これらを弁護士にお願いしても会社に知られることはありませんのでご安心して下さい。

 

金融機関でもし働く場合、消費者金融、銀行、これらの借金が就職に影響を与えることがあります。金融機関で働く社員は日常的に信用情報に問い合わせしていますが、信用情報機関も借入のための審査以外で情報を確認するのは禁止されています。

 

クレジットカードを持つことは問題ありませんが、キャッシングやカードローンなどの利用は避けたほうがいいと思います。キャッシングにしろカードローンにしろ利息が高いですし、キャッシングやカードローンを常日頃から利用していると経済的に苦しいと思われてしまいます。

金融業界の担当者は金銭的にお金に困っている方を採用するのに積極的ではありません。

そして、今延滞中だったり、過去に自己破産、債務整理、任意整理などの金融事故があれば金融機関での就職は厳しいと予想されます。数日遅れぐらいの場合はブラックリストに載ることもありませんので問題ありません。

 

ですが、携帯電話の滞納は気を付けて下さい。機種代金を分割払いにしている場合は借金と見なされますので、料金を滞納した場合は返済事故扱いされ信用情報に記録されてしまいます。

 

カードローン、キャッシングなどの借入、借金はしないに越したことはありません。奨学金などは仕方ないと個人的には思いますが、よっぽどのことがなければ借金はするべきではないと私は思います。

 

どうしても現金が必要になったなら、そんな時は七福神の個人間ファクタリング、給料のファクタリングをいかがでしょうか?

 

七福神の給料ファクタリングは融資でないので借入になりません。給料債権の売買取引なので融資とは根本的に違います。融資ではないので信用情報にも反映されないのです。

実際、七福神にも金融機関で働く方達からのお申し込みは増えています。

給料ファクタリングを利用したいご理由を尋ねると、やはり職業的に借金ができないからとのことでした。

七福神の給料ファクタリングは信用情報に残らないだけではありません。

申込みから審査、ご入金まで即日で対応可能です。2019年現在、即日融資は銀行も消費者金融も以前に比べて難しくなっております。即日でお金が必要で即日融資を考えているけど即日融資対応の業者が見つからない、これらの悩みにも給料ファクタリングはお答えできます。即日融資とは違いますが即日融資にも勝るとも劣らないスピードです。

急いでるなら七福神の給料ファクタリングなら間違いないです。

総量規制で銀行や消費者金融などの業者からの借入が難しくても、七福神の給料ファクタリングなら審査OKです。銀行カードローン、消費者金融カードローン、これらのキャッシングだと他社の合計金額が年収の3分の1以上あれば審査は通らないです。

借入のご状況にもよりますが、給料ファクタリングであれば総量規制を気にしないで契約ができます。

カードローンなどのキャッシングに比べて審査も簡単に進みますし、ブラックであっても安定した収入がしっかりあれば審査OKです。

給料ファクタリングは給料債権を買取する際の手数料が高いデメリットがありますが、収入の範囲内での取引になりますので計画が立てやすいです。

お給料日での精算なので入金ができなくなるトラブルもありえません。

給料ファクタリングは様々な悩みにも対応ができますので、その利便性は疑う余地がありませんし、この七福神ブログを書いている私としても自信を持ってお客様にご提供できるサービスになります。

給料ファクタリングは国内ではまだ数社しかご案内していないサービスですが、その中には闇金と同じような業者もありますので注意して下さい。

七福神を運営する株式会社ZERUTAは調布市の商工会にも加入している会社になりますし、雑誌などにも取材を受けていますので安心してサービスが受けられるようになっております。

東京都調布市で営業していますので、近い方は来店でも構いませんし、お問合せ下されば七福神のスタッフが丁寧に説明させて頂きます。

皆様からのお電話、お問合せ、心よりお待ちしております。

これからもファクタリング会社七福神を宜しくお願い致します。