BLOG

カードローンの総量規制対象外 その2

2019/07/31
ロゴ

カードローンの総量規制対象外 その2

総量規制対象外のカードローン

 
 総量規制対象外のカードローンとは、先ほど触れた銀行系カードローンのことになります。

 総量規制対象外のカードローンサービスならではの3つの特徴を説明していきます。

 
①提供コースが2つある 

 提供コースは自ら選択できることもありますし、審査時に銀行側の判断で決められることもあります。

 コースによって、借入総額、金利などの条件が変わるのが一般的です。 

 
②金利が最大でも15%未満

 総量規制対象外である銀行の金利は、最大でも年15%未満に留まる場合がほとんどです。

 これが消費者金融となると、年18%程になるのが普通なので、断然銀行系カードローンの方がお得となります。

 
③おまとめ、借り換えに対応

 通常のカードローンサービスをおまとめローンや借り換えとして利用できることがあります。

 消費者金融系や信販系と比較すると、銀行系は借入限度額が高く低金利なため、おまとめローンや借り換えに
 向いています。

 ただし、借入件数が多かったり借入総額が大きい場合は、審査に落ちることがあります。

 
総量規制対象外ローンの注意点
 

 総量規制対象愛のカードローンを選ぶ際に、最低限注意しておきたいことを3つ説明していきます。

 
①利用条件が細かく決まっている 

 カードローン会社ごとで利用条件は変わってきます。

 厳しく決めていることもありますし、会社によってはそこまで厳しくはないこともあります。

 例えば、地方銀行の場合は、銀行が管轄する地域に住んでいなけらば利用することができないことがあります。

 ある地方銀行は、年収600万円以上の場合は300万円まで融資を受けることが可能であり、年収200万円以上
 300万円未満の場合だと、50万円から100万円までの融資を受けることが可能となっていました。

 利用条件は、公式WEBサイト上で必ず公開されていますので、利用前に必ず確認しておきましょう。

 
②金利を必ず確認する

 総量規制対象外となっている銀行カードローンの場合、全体を通して金利は低めに設定されています。

 とはいえ、すべての銀行カードローンが低金利とは断言できないのです。

 金利は主に借入限度額によって変動するもので、審査の際に決定します。

 限度額が高くなるほど金利は低くなりますが、審査は厳しくなってしまうため、

 どうしても審査に通過したいときは金利の低さだけで選ばないようにしましょう。

 ちなみに、大手の都市銀行と地方銀行を比較したところ、金利に極端な差は見られませんでした。

 限度額が50万円程度であれば、金利は14%前後となるのが一般的になります。

 
③特典サービスはあるか確認する

 銀行系カードローンの場合、無利息期間サービスをしているケースはごく僅かです。

 しかし、何らかの特典サービスが提供されていることも例外としてあります。

 せっかく利用するわけですから、少しでもお得になるカードローンを利用するに越したことはありません。

 このような特典は、公式WEBサイトで案内されていますので、確認したり、場合によっては電話で問い合わせを
 していきましょう。
 

総量規制対象外のカードローンで即日融資

 
 総量規制対象外のカードローンでも、即日融資を受けることは可能になります。

 審査の内容は通常の審査と同じですし、即日融資だからといって何か特別な審査を行うことはないのです。

 ただし、総量規制対象外のカードローンによっては、即日融資に対応していない場合があります。

 それだけではなく、属性や個人信用情報に問題が見られる場合は、即日融資とならない可能性は当然あります。

 ちなみに、即日融資が可能なカードローン会社は、必ず即日融資可能であることを紹介しています。

 ここで一つ注意して欲しいのは、即審査可能と、即融資可能は違う意味になるということです。

 即審査可能の場合、そのあとに行う契約の手続きや、実際に借入できるまでに掛る時間は、各カードローン会社
 で様々です。 

 即融資可能なカードローンの場合、審査もスピーディーに行われることがほとんどとなっています。 

 現状としては、消費者金融系や信販系のカードローンの方が、即日融資に強いことは否定できません。

 しかし、最近では銀行カードローンも即日融資に対応し始めています。

 借入までに掛る時間も、徐々に短縮されつつあるため、急ぎで融資を受けたいときに、総量規制対象外の
 カードローンの利用を考えてみるのもいいです。
 

総量規制対象外のキャッシング


 総量規制対象外のキャッシングは、審査に通過しやすいといった情報が出回っていますが、実際のところは、
 審査に通過しやすいといった事実はありません。

 むしろ、総量規制の対象となっている消費者金融系や信販系よりも、審査が断然厳しくなります。

 なぜなら、総量規制の対象外となっている銀行カードローンの場合は、銀行の審査と別に保証会社の審査が
 あったり、返済能力を厳しく確認することが多いためです。

 一方、消費者金融系や信販系の場合は、総借入額が年収の三分の一を超えてはならないという規則はあるものの、
 審査の内容や判断基準は、銀行系カードローンよりも緩い場合がほとんどです。

 また、総量規制対象外のカードローンは、審査通過率が低めに設定されているので、そもそも審査に通過しづら
 くなっています。

 
さいごに


 銀行系のカードローンは審査が厳しいとお伝えしました。 

 また、総量規制施行以来、前までは借りられた金融機関から融資を断られてしまう方が大変多くいらっしゃいます。

 急な出費でどうしても手元に現金を用意しなければならない場合、上記に触れてしまう方はどうすることも出来ません。

 しかし、七福神のファクタリングなら、総量規制に触れている方でも利用可能となります。

 融資とは違うので、銀行法も総量規制も関係ありません。

 ブラック、自己破産、銀行審査で蹴られてしまう方、多重債務者、今まで融資を諦めてきた方、絶対にお力になれる
 自信があります。

 即日融資に変わる給料ファクタリングのご相談はぜひ七福神にお任せください。

 宜しくお願い致します。