BLOG

~匿名四月から係長の独り言~   投資とギャンブル

2019/08/12
ロゴ

投資はギャンブルじゃない

 

匿名四月から係長です。

昨夜、知り合いと投資の話をしていて、投資ってギャンブルと同じじゃないの?と聞かれたので、投資とギャンブルの違いをお話しましょう。

前のブログに書きましたが、投資はよくわからない。投資はお金持ちがやること。投資って元本割れのリスクが大きい。投資って結局のところギャンブル。こんな話を聞きます。

誤解や偏見が多い投資をギャンブルとは違うと考えてみましょう。

還元率を考えてみると理解しやすいかもしれません。

パチンコ・パチスロの還元率は80%ぐらいだと言われています。全体の20%がお店側が経費や利益になります。

ギャンブルの中でもパチンコ・パチスロは還元率が高いようです。

宝くじは、どうでしょうか。

宝くじをギャンブルというのは違うとおっしゃる方もいらっしゃると思いますが仕組みはギャンブルです。

宝くじの還元率は48%です。

48%が購入者に分配され、残りは宝くじ協会の利益や経費になっています。簡単に考えて200円の宝くじ1枚で購入した時点で104円が無いものとなります。当たれば問題ないのでしょうが当たる確率を例えると

宝くじと落雷に当たる確率と同じと言われています。確かに知り合いに雷に打たれたなんて人はいませんよね。

株式投資はどうでしょう。

1年間株式を保有すると利回りは平均7%と言われています。還元率になおすと107%になります。100万円を投資して、一年後には107万円です。これは、ジェレミー・シゲールという有名な学者が15年に渡り、株式市場の平均を調査した結果だそうで、投資の世界では有名な話だそうです。

 

このことを考えると、投資とギャンブルの違いは還元率なんでしょう。還元率が100%を超えることが続いていれば投資だと思います。

 

今は、低金利が続いています。ですが物価は上昇していますよね。

大事なお金を銀行口座に眠らせているだけでは、資産価値は目減りしてしまいます。

投資の悪い先入観を捨てて、資産運用を考えてみてはいかがでしょうか。

 

    匿名四月から係長