BLOG

~匿名四月から係長の独り言~   =ファクタリング業者からの取引停止= 

2019/09/01
ロゴ

=ファクタリング業者からの取引停止= 

 

こんにちは。

匿名四月から係長です。

いよいよ9月になりました。

今年もあと約4ヶ月で終わりますね。

1年があっという間です。

さて、今日はファクタリングを利用する際には、気をつけましょうと言うお話です。

 

・虚偽の申告

給料の金額などもですが、電話番号等など虚偽。

審査に必要なお客様情報に嘘があると審査結果は良くはなりません

ファクタリング取引は、利用なさるお客様と七福神の信頼関係が必要なので、虚偽の申告での契約はありません。

 

・二重譲渡

債権(給料)を七福神以外のファクタリング業者とファクタリングした後に七福神でファクタリングをする行為です。

簡単に説明すると

9月分の給料を他社でファクタリングし、同じ9月分の給料を七福神でファクタリングする。

1度債権を譲渡した時点で債権は、ファクタリング業者の所有になるので、勝手に譲渡した場合には委託物横領罪、最悪の場合には詐欺罪にもなりかねません。

 

・架空債権

働いてない会社で働いていると申請し、債権(給料)があるように偽造した給料明細書を出したりする行為です。

私文書偽造罪や詐欺罪などの重い刑罰にもなります。

 

嘘ではなく今の自分の状況をきちんと話して下さい。

七福神は、できる限りお力になるために頑張っています。

 

今日は、防災の日です。1923(大正12)年の関東大震災を教訓に、災害に備え、防災意識を高めようと、1960(昭和35)年に制定。毎年、各地で防災訓練が行われています。

いざという時の為に、どこに避難するのか、何を持って避難するのかを夕飯時でも家族と話し合っておくのが大切みたいですよ。

お金のいざの時は、七福神ですよ。

 

匿名四月から係長