BLOG

~匿名四月から係長の独り言~   =オススメできない投資=

2019/09/03
ロゴ
   

=オススメできない投資=

 

みなさん、こんにちは。

匿名四月から係長です。

 

投資の話も何度かしてきましたが今日は、オススメできない投資です。

資産運用は、色々な経験をつんだ投資家でさえ暴落などで資産を失ってしまう厳しいものです。 

ですが、老後の資産や子供にかかる学費などのために 資産運用をしなければなりませんよね。

金融庁もダメだと呼びかけている金融商品もあるのをご存知ですか

老後や教育費、インフレリスクなどの不安を煽り、手数料の高い金融商品を売るために資産運用をインターネットで検索すると先々の不安要素が沢山かいてあるような金融商品はオススメできません。

運用にコストがかかりすぎて、本来は運用に回せるはずの お金が金融機関に支払わなければならないこともあるんです。

高いコストは、全ての投資家に不利ですし、必要ないとおもいます。これが金融機関を儲けさせているので、金融機関も不安を煽り売りたがっています。

金融庁も、より低コストで同じ経済効果を得られる選択技があるのにもかかわらず顧客のニーズよりも販売・製造者側の論理で金融サービスを提供しているのではないかといっています。

そう言われている金融商品は沢山あります。

毎月分配型投資信託などは人気が高い金融商品ですが、決算を繁栄にし分配を出すと複利効果で損をし、税金もその都度かかります。

金融庁が認定をしている高いコストの金融商品もあります。

貯蓄性保険などもその1つですが外資建て保険などは、日本より金利の高い国の通貨で運用するので高利回りなのですが満期の前で解約すると元本割れが多いですし、円高の時は損をします。死亡保障と運用がセットになっているために高いコストというのがわかりづらくなっているんです。

その他にも金融庁が指摘した高いコストの金融商品は、ファッドラップです。ファッドラップとは、金融機関が投資家に代わってリスクを抑えた投信などを組み合わせ分散投資をしてくれるというものですがコストが高い投信を運用するという傾向があるようです。

結局、資産運用は自分で調べ自分に合った金融商品をという事になりますよね。

 

私もお金の増やし方は、正直どれが正解かはわかりませんが、低リスクの金融商品でコツコツと地道に増やしていくのが賢い資産運用方法だと思いました。

 

今日は関東で帰宅時間に激しい雨が降るかもとニュースでやっていましたので、帰宅時には充分、注意しておかえりくださいね。

 

匿名四月から係長