BLOG

よく聞くブラックリストってどんなリスト?ブラックリストに載る人ってどんな人?

2019/09/14
ロゴ

よく聞くブラックリストってどんなリスト?ブラックリストに載る人ってどんな人?

 

「お金を借りたかったけど借りられなかったから、ブラックリストに載ったかも?」や「自分はブラックリストに載っているからクレジットカードは作れない。」など、お金にまつわる話でよく耳にする「ブラックリスト」ですが、みなさんはブラックリストってどんなリストなのかその中身はご存知でしょうか?

察しのよい方は、お金関係の事でそのリストに載るとあまりよくないのだろうな、と感じているでしょうが、実際は「ブラックリスト」という言葉は聞くけど、実際どんなリストなのか分からないという方も多いでしょうね。

本日はお金の話でよく耳にする「ブラックリスト」について、簡単に解説していきます。

 

そもそもブラックリストって何?!

 

そもそも「ブラックリスト」とは実際に「ブラックリスト」という名称の一覧やリストで存在するわけではありません。過去にクレジットカードやキャッシングで支払いを踏み倒してしまった経歴があり、クレジットカードやカードローン、住宅ローンなど新たに契約出来ない状態のことを一般的に「ブラックリストに載る」という表現をしています。

それがなぜブラックリストに載ると表現されてしまうかというと、クレジットカード発行会社や消費者金融などは、個人信用情報という自社の利用履歴を持ち寄って1つのデータにして保管し、情報の共有を行っています。

たとえば、利用しているクレジットカード会社の利用履歴は、利用していないクレジットカード会社からでも確認が可能です。何枚クレジットカードを所持していて、どれくらい使っているのかも分かります。また、消費者金融を利用しているのであれば、その利用履歴は他のカード会社からでも確認が可能になります。現在どのくらいお金を借りているのかまでも分かってしまうのです。この時にその信用データに1つでも悪い利用履歴があると、クレジットカード作成もお金を借りることも出来なくなります。それがいわゆる「ブラックリストに載る」ということです。

実際には「ブラックリスト」と呼ばれるリストや書類は存在しませんが、過去にお金で悪い履歴がある人を指す言葉になります。お金を借りる、クレジットカードを使用することはその人の信用情報にかかわることです。返済計画をしっかり立てることも重要になりますね。

 

 

ブラックリストに載ってしまう人ってどんな人?

 

 


さて、どんなことをするとブラックリストに載ってしまうのでしょうか?みなさんは大体見当がついているかもしれませんね。総じて言えることは「借りたお金を返さない、返せない」とブラックリストに載ってしまう事になります。

 

 


1.クレジットカードや消費者金融の支払いをしない場合

 

 

 

クレジットカードを利用したお金やキャッシングで借りたお金を返済期日までに返さず、その後も返済が滞ってしまっている場合には「延滞した」という記録が個人信用機関に残ります。

 

2か月以上に渡り、返済が滞っている場合にはほぼブラックリストに載ってしまうと考えて下さい。仮に返済金を用意出来ない場合でもそのままにせず早急に利用しているカード会社へ連絡し、返済計画のリスケジュールをするのがおすすめです。

 

 


2.自己破産や任意整理などの債務整理を行った場合

 

 

 

借りたお金を返済できずに自己破産や借りたお金の返済の減額を交渉した任意整理を行った場合にもブラックリストに載ってしまいます。こちらは説明しなくても借りていたお金を返済しないのですから当然といえば当然の事ですね。借りた側からすれば自己破産は立派な権利ではあるものの、貸した側からすればある日突然貸したお金が支払いされなくなるわけですから、「2度と貸さない」と思われても仕方のない事です。

 

しかし、過払い返還請求は例外の話になりますので、お気を付け下さい。こちらは返還請求を行ったとしてもブラックリストには載らなくなりましたので、過払い金がある方は安心して請求を行って下さい。

 

 

 

3、多重で申し込みをした場合

 

 

 

クレジットカードや消費者金融、銀行のカードローンを手当たり次第申し込むことも短期間(約半年)ですが、ブラックリスト入りしてしまいます。

 

どこの審査も通らないからたくさん申し込みをして、どこからか借りたいという気持ちも分かりますが、お金を貸す側からすると「手当たり次第申し込みをしている人はお金を貸したくない人」にあたります。

 

そのためどんなに審査が通らなかったとしても、手当たり次第申し込みをする行為でブラックリストに載ってしまえば、当然のように審査は通らなくなります。何種類も申し込 みをすることはやめましょう。

 

 

 

4、クレジットカードの現金化を利用した場合

 

 

 

クレジットカードの現金化やショッピング枠の現金化を行った場合にもブラックリストに載ってしまう場合があります。そもそもクレジットカードの現金化自体がダメな事なので、もしクレジットカード会社にばれることがあれば利用規約違反になり強制的に解約させられ、その記録が個人信用機関に残ってしまう事になります。これは、ブラックリスト入りですね。

 

 

 

5、携帯電話の支払いが滞ってしまっている場合

 

 

 

ブラックリスト入りで最近多くなってきたのが携帯電話料金の滞納です。なぜ?とお思いの方もいらっしゃると思いますが、最近は携帯電話の購入時に携帯電話本体を分割購入している方が多いという事です。多機能のスマホは高額ですが、購入の際に分割で契約すると月々少額で最新の機種を手に入れられます。しかしその裏側で携帯電話料金の中に月々の機種の分割金も含まれているため、料金を滞納したり、督促状がきてから支払いをしている場合などは個人信用情報が傷ついてしまっている可能性がありますので、注意してください。

 

 

 

ブラックリストから削除するにはどうしたら良いの?

 

 

 

1度ブラックリストに載ってしまうとなかなかその信用情報を回復する事は難しいです。借りたお金を返せばブラックリストから削除してもらえると簡単に考えている方もいらっしゃるようですが、それは間違いです。

 

長期にわたる支払いの延滞や契約解除、そして自己破産や債務整理を行った場合には少なくても5年間、長い場合には10年間ブラックリストに掲載される事になります。

 

そして、ブラックリト掲載期間にはクレジットカードの新規取得、住宅ローンや車のローンも組めなくなり、とても不自由な生活を強いられます。クレジットカードを使う事やローンを組む事は決して悪いことではありません。しかし、きちんとした返済計画を立てることは重要です。

 

 

 

大切な事はブラックリストに載らないためのお金の知識をしっかりと身に着け、またどうしたらブラックリストに載らないかを念頭に置いて、月々の支払いを踏み倒すことのないようにしましょう。お金の管理は信用にかかわりますので、とても大切ですね。

 

「お金を借りたかったけど借りられなかったから、ブラックリストに載ったかも?」や「自分はブラックリストに載っているからクレジットカードは作れない。」など、お金にまつわる話でよく耳にする「ブラックリスト」ですが、みなさんはブラックリストってどんなリストなのかその中身はご存知でしょうか?

察しのよい方は、お金関係の事でそのリストに載るとあまりよくないのだろうな、と感じているでしょうが、実際は「ブラックリスト」という言葉は聞くけど、実際どんなリストなのか分からないという方も多いでしょうね。

本日はお金の話でよく耳にする「ブラックリスト」について、簡単に解説していきます。

 

そもそもブラックリストって何?!

 

そもそも「ブラックリスト」とは実際に「ブラックリスト」という名称の一覧やリストで存在するわけではありません。過去にクレジットカードやキャッシングで支払いを踏み倒してしまった経歴があり、クレジットカードやカードローン、住宅ローンなど新たに契約出来ない状態のことを一般的に「ブラックリストに載る」という表現をしています。

それがなぜブラックリストに載ると表現されてしまうかというと、クレジットカード発行会社や消費者金融などは、個人信用情報という自社の利用履歴を持ち寄って1つのデータにして保管し、情報の共有を行っています。

たとえば、利用しているクレジットカード会社の利用履歴は、利用していないクレジットカード会社からでも確認が可能です。何枚クレジットカードを所持していて、どれくらい使っているのかも分かります。また、消費者金融を利用しているのであれば、その利用履歴は他のカード会社からでも確認が可能になります。現在どのくらいお金を借りているのかまでも分かってしまうのです。この時にその信用データに1つでも悪い利用履歴があると、クレジットカード作成もお金を借りることも出来なくなります。それがいわゆる「ブラックリストに載る」ということです。

実際には「ブラックリスト」と呼ばれるリストや書類は存在しませんが、過去にお金で悪い履歴がある人を指す言葉になります。お金を借りる、クレジットカードを使用することはその人の信用情報にかかわることです。返済計画をしっかり立てることも重要になりますね。

 

 

ブラックリストに載ってしまう人ってどんな人?

 

 


さて、どんなことをするとブラックリストに載ってしまうのでしょうか?みなさんは大体見当がついているかもしれませんね。総じて言えることは「借りたお金を返さない、返せない」とブラックリストに載ってしまう事になります。

 

 


1.クレジットカードや消費者金融の支払いをしない場合

 

 

 

クレジットカードを利用したお金やキャッシングで借りたお金を返済期日までに返さず、その後も返済が滞ってしまっている場合には「延滞した」という記録が個人信用機関に残ります。

 

2か月以上に渡り、返済が滞っている場合にはほぼブラックリストに載ってしまうと考えて下さい。仮に返済金を用意出来ない場合でもそのままにせず早急に利用しているカード会社へ連絡し、返済計画のリスケジュールをするのがおすすめです。

 

 


2.自己破産や任意整理などの債務整理を行った場合

 

 

 

借りたお金を返済できずに自己破産や借りたお金の返済の減額を交渉した任意整理を行った場合にもブラックリストに載ってしまいます。こちらは説明しなくても借りていたお金を返済しないのですから当然といえば当然の事ですね。借りた側からすれば自己破産は立派な権利ではあるものの、貸した側からすればある日突然貸したお金が支払いされなくなるわけですから、「2度と貸さない」と思われても仕方のない事です。

 

しかし、過払い返還請求は例外の話になりますので、お気を付け下さい。こちらは返還請求を行ったとしてもブラックリストには載らなくなりましたので、過払い金がある方は安心して請求を行って下さい。

 

 

 

3、多重で申し込みをした場合

 

 

 

クレジットカードや消費者金融、銀行のカードローンを手当たり次第申し込むことも短期間(約半年)ですが、ブラックリスト入りしてしまいます。

 

どこの審査も通らないからたくさん申し込みをして、どこからか借りたいという気持ちも分かりますが、お金を貸す側からすると「手当たり次第申し込みをしている人はお金を貸したくない人」にあたります。

 

そのためどんなに審査が通らなかったとしても、手当たり次第申し込みをする行為でブラックリストに載ってしまえば、当然のように審査は通らなくなります。何種類も申し込 みをすることはやめましょう。

 

 

 

4、クレジットカードの現金化を利用した場合

 

 

 

クレジットカードの現金化やショッピング枠の現金化を行った場合にもブラックリストに載ってしまう場合があります。そもそもクレジットカードの現金化自体がダメな事なので、もしクレジットカード会社にばれることがあれば利用規約違反になり強制的に解約させられ、その記録が個人信用機関に残ってしまう事になります。これは、ブラックリスト入りですね。

 

 

 

5、携帯電話の支払いが滞ってしまっている場合

 

 

 

ブラックリスト入りで最近多くなってきたのが携帯電話料金の滞納です。なぜ?とお思いの方もいらっしゃると思いますが、最近は携帯電話の購入時に携帯電話本体を分割購入している方が多いという事です。多機能のスマホは高額ですが、購入の際に分割で契約すると月々少額で最新の機種を手に入れられます。しかしその裏側で携帯電話料金の中に月々の機種の分割金も含まれているため、料金を滞納したり、督促状がきてから支払いをしている場合などは個人信用情報が傷ついてしまっている可能性がありますので、注意してください。

 

 

 

ブラックリストから削除するにはどうしたら良いの?

 

 

 

1度ブラックリストに載ってしまうとなかなかその信用情報を回復する事は難しいです。借りたお金を返せばブラックリストから削除してもらえると簡単に考えている方もいらっしゃるようですが、それは間違いです。

 

長期にわたる支払いの延滞や契約解除、そして自己破産や債務整理を行った場合には少なくても5年間、長い場合には10年間ブラックリストに掲載される事になります。

 

そして、ブラックリト掲載期間にはクレジットカードの新規取得、住宅ローンや車のローンも組めなくなり、とても不自由な生活を強いられます。クレジットカードを使う事やローンを組む事は決して悪いことではありません。しかし、きちんとした返済計画を立てることは重要です。

 

 

 

大切な事はブラックリストに載らないためのお金の知識をしっかりと身に着け、またどうしたらブラックリストに載らないかを念頭に置いて、月々の支払いを踏み倒すことのないようにしましょう。お金の管理は信用にかかわりますので、とても大切ですね。