BLOG

~匿名四月から係長の独り言~   =キャッシュフロー=

2019/10/09
ロゴ

=キャッシュフロー=

 

こんにちは。

匿名四月から係長です。

たま台風が近づいているみたいですね。

大型みたいなので皆さんも充分お気をつけ下さいね。

 

今日は、キャッシュフローとは何かをお話しましょう。

 

キャッシュフローとは、簡単に言うとお金の流れです。

企業などはお金の出入りがありますよね。

仕入れなどは支払いが発生します。

仕入れをした商品を販売するとお金が入ります。

従業員の給料や事務所の賃貸料なども必要になります。

 

企業に入るお金をキャッシュイン

企業からでるお金をキャッシュアウトと言います。

 

キャッシュインからキャッシュアウトを引いた収支をキャッシュフロー

キャッシュフローとは、現金の出入りの事です。

 

キャッシュフローがプラスは、企業が儲かっていて、逆にキャッシュフローがマイナスだと赤字です。

赤字だからと言って倒産ではなく、支払いができなくなると企業は倒産します。

 

では、利益とキャッシュフローの違いは何でしょうか?

利益とは、売上から費用を引いて計算します。

1000円で仕入れた物を1500円で売ると利益は500円

企業間取り引きは、ほとんどの場合現金商売ではないので、売上と売上代金の回収には時間差が生じます。

仕入れ代金を先に支払っている場合は利益は黒字になるのですが、仕入れ代金の支払いだけをしてると売上代金をまだ貰っていないのでマイナスになります。

会計上では、利益とキャッシュフローは必ずしも一致しないことがあります。

キャッシュフローを簡単に把握する方法があります。

 

今月末のキャッシュから前月末のキャッシュ引くと月間のキャッシュフローがでます。

この方法を使えば年間のキャッシュフローも把握できます。

利益があるにキャッシュフローがマイナスは多々ある事です。

売上債権+棚卸資産-仕入れ債務=運転資金です。

売上債権は、販売後にまだ入金されていない金額で棚卸資産とは、商品の在庫。仕入れ債務は、仕入れしてあるがまだ支払いをしていない金額です。

売上債権が増えたり、棚卸資産がふえたり、仕入れ債務が減るとキャッシュフローはマイナスです。

プラスになるには、販売後に代金の回収をはやくし、在庫を減らし、支払いを遅くしたらプラスになります。

キャッシュフローを悪化させないように設備投資を多額にしないや、関係会社への貸付のように出費を抑えます。

 

なかなか難しいですがキャッシュフローは大切な事なのです。

 

  匿名四月から係長