BLOG

~匿名四月から係長の独り言~   =投資教育③=

2019/10/24
ロゴ

=投資教育③=

 

こんばんは。

匿名四月から係長です。

 

今日は、投資教育のまとめです。

投資を考えている方が間違いやすい所を説明していきますね。

投資の基本には長期投資があります。

投資とは、企業などの活動に資金を投じることです。

投資をする事で企業などは成長でき投資した側に恩恵があるのです。

企業が成長するためには時間がかかります。

投資家も時間や日数をかけ長期で投資していることで長期に恩恵を得られます。

ただ、投資は企業が必ず成果を出すという約束ではないのです。

投資したら必ず恩恵を得られるは違います。

ただ銀行に預けておくよりは、相対的に高い利益が高まる可能性はあると思います。

 

投資は安い時に買って高くなったら売ると言うようなイメージがありませんか?短期で儲けるか短期で損をしてしまうと良くないイメージがある方も沢山います。

そんなギャンブルみたいな事をするよりは銀行に預けておく方が安心だと思い投資はしないと最初から拒否の方も沢山います。あと、投資は資産家が行うものというイメージも強いようです。

資産家でなくても自分の所得の一部を投資にあて積み立てて行く事は資産形成に有利な方法だと思います。少しの投資でも継続すれば将来的には大きな資産になります。

分散投資は分散して投資をすればリスクが軽減できます。

価格や動きが違う物でないと、同じような価格や動きをするところに複数、投資しても分散する意味はあまりないのです。

投資で実はリスクの説明は凄く難しいです。

リスクの正しい理解は、市場価格の変動で増減はあるという覚悟をする事やリスクの程度を知る事だと私は思います。

投資は、自分の将来を支える有効な手段です。

今は年金だけでは不安な老後です。

皆さんも投資を学び、自分の未来の為に一歩進んでみませんか?

 

   匿名四月から係長