BLOG

カードローン地獄にはまってしまう人の特徴。借金地獄から抜けだすために大切なことー前編―

2019/11/01
ロゴ

カードローン地獄にはまってしまう人の特徴。借金地獄から抜けだすために大切なことー前編―

お金を借入したのは良いが返済出来ずに、長いことカードローン地獄にはまってしまう方は実際にいます。最初は少額の借入だったのに、気付けば膨らんでいく借金。借入額を早く返済しようとしてもなかなか減らないのがカードローンです。決して多くない収入の中から一定額のカードローンの返済を続けていくことは、本当に地獄のようです。しかし、数多いカードローンの利用者の中でも全員がカードローン地獄にはまっているわけではないのです。

本日はどんな人はカードローンにはまってしまうのか、そしてどうすれば抜け出すことが出来るのか前編と後編に分けて考えていきましょう。

 

どうしてカードローン地獄にはまってしまうのか?

カードローンの返済が生活を圧迫してしまうことを「カードローン地獄」と呼びます。これはカードローンを利用した人すべてがなるわけではないのですが、実際には多くのカードローン利用者が「カードローン地獄」にはまっているのも確かなことです。どうして人はカードローン地獄にはまってしまうのでしょうか?その原因が分かれば、きっとカードローン地獄にはまらない対策やカードローン地獄から抜け出す対策が見えて来るはずです。

カードローン地獄とは、カードローンの返済に生活が追い付いていない状態を表します。どうしてカードローンの返済に生活が追い付かなくなってしまうのでしょうか?それは、カードローンの返済は難易度が高いからです。また、返済計画は破たんしてしまいやすいことも挙げられます。以下でどうして返済が進まないのかを説明していきます。

 

・返済中に増えてしまう借入額

カードローンを利用している方なら分かるかもしれませんが、カードローンは1度契約すると限度額まで何度でも追加融資を受けられるのが大きなメリットです。ですが、ここで気を付けてほしいことは、追加融資を受けた分ももちろん返済していかなくてはならないのです。小刻みに限度額まで借入出来るのはメリットではありますが、その分カードローンの返済は難しくなっていくのです。借入期間中に返済もしているに減らない返済額は、まさにカードローン地獄いってよいでしょう。

 

・「リボ払い」での返済はなかなか完済まで進まない

カードローンの多くがリボ払いと呼ばれる残高スライドリボルビング払い方式にて返済が進んでいきます。この返済方式はクレジットカードのリボ払いと同じ方式になります。借入残高に応じて毎月定額の返済を続ける方式であり、毎月返済する最低返済額の中で元本の返済はごくわずかです。この残高に応じた返済の大部分は利息なのです。

元本を毎月わずか減らしたところで、完済は程遠いことが分かります。カードローン地獄と似たような言葉で、リボ払い地獄などという言葉もあるくらいです。これも支払いが終わらない苦しみを表しています。

 

・増額案内が届く

カードローン地獄から抜け出せない理由の1つに「増額案内」がります。一定期間カードローンの借入と返済を続けていると、借入元から「限度額増額の案内」が届きます。この案内が届く人は長期間借入をコンスタントに行い、返済が遅れていないという条件付きになっています。限度額があがるとカードローン利用者はつい更なる借入をしてしまうのです。さらに借入額が増えていくので、カードローン地獄から抜け出すことは難しくなっていきます。

 

カードローンの返済が遅れてしまうと一体どうなるの?

カードローン地獄にはまってしまうと、当然のように返済が追い付かなくなり、長期間返済が滞ってしまうという恐れもあります。返したいけど返せずにいると一体どうなってしまうのでしょうか?まさか返済がなくなるなんてことは当然ありえません。

 

・ブラックリストに載ってしまう

カードローン返済の遅れは、個人信用情報に記録として残ってしまいます。いわゆるブラックリストに載るということです。個人信用情報に残ってしまった返済の遅れは5年間信用情報に記録されることになります。その5年間のあいだは、他のカードローンへの申し込みを含めて、他のカードローンの審査を受けたとしても、個人信用情報に載ってしまった返済遅れの記録により、審査に通りにくくなるでしょう。返済の遅れの記録がある時点で、返済能力がないと判断されてしまうのです。カードローン地獄にはまってしまうと、その返済の遅れが原因で、他のカードローンに審査に落ちやすくなるでしょう。

 

・借入が必要なあまりに闇金に手を出してしまうケースも

カードローン地獄にはまってしまうと、その間生活がどんどん苦しくなっていきます。それに加えて前述で述べたように、返済の遅れの記録から新たにカードローンを組むことが難しくなり、どこからも借入出来ない状態になってしまうのです。そうなると、借入出来るところは闇金くらいしかなくなり、闇金に手を出さざる負えなくなってしまうのです。闇金はほとんど審査らしい審査などしないので、たとえブラックリストに載っていたとしても、お金を貸してくれるでしょう。しかし、闇金は金利上限法を無視した貸し付けを行っているので、異常に高い金利設定でお金を返済することになるのです。

 

本日はカードローン地獄にはまってしまう人の特徴。借金地獄から抜けだすために大切なことー前編―をお送りしました。カードローン地獄にはまってしまう理由や返済が遅れるとどうなってしまうかをお伝えしました。後編では、カードローン地獄にはまってしまう人の特徴や抜け出す為にどうしたらよいのかを詳しくみていきます。