BLOG

手軽にLINEで投資をしてみよう!LINEスマート投資の特徴について

2020/01/07
ロゴ

手軽にLINEで投資をしてみよう!LINEスマート投資の特徴について

2018年10月、約1年以上前からLINEが「LINEスマート投資」というサービスを開始しました。LINEを利用している方は、アプリのウォレットの中にスマート投資という項目が追加されたことに気づいているでしょうか?

LINEスマート投資は2種類の投資が可能です。1つは、ユーザーが興味を持っているジャンルを選んで投資するテーマ株投資サービス。もう1つは、500円から運用が可能なワンコイン投資の積立型ロボアド運用サービスです。

本日は、LINEのアプリさえ持っていれば手軽に始める事が出来るLINEスマート投資についてお伝えしていきます。

 

2種類の投資が可能なLINEスマート投資

LINEスマート投資は「テーマ株投資」と「ワンコイン積立」の2つの種類の投資可能なサービスがあり、LINEのアプリを利用して行います。

こちらのテーマ株投資やワンコイン積立は株投資情報サービスを提供している「FOLIO」を使ったものになります。FOLIOのテーマ株投資やお任せ投資のサービスをそのままLINEアプリで利用出来るサービスです。

 

[テーマ投資]

テーマ投資というのは特定のテーマで抽出された10社の株式に手軽に分散出来るサービスになっています。

以下のようなものが主なテーマになります。

・キャッシュレス関連銘柄

・AI関連銘柄

・カジノ関連銘柄

・VR関連銘柄

・中国関連銘柄

・フィンテック関連銘柄

・子育て関連銘柄

・再生医療関連銘柄

様々なテーマの中から選択をして投資を行います。将来性があると感じたテーマを選ぶだけで分散投資が可能になるのです。

投資金額は基本10万円になりますが、ミニ版として1万円から始める事の出来る投資のテーマも用意されています。

 

[ワンコイン投資]

ワンコイン投資は文字通りで、500円から利用可能な少額の積立投資サービスになります。積立額が(500円から3万円)と積立頻度(週1回、週5回、週7回)を選んで投資をします。

投資対象はFOLIOが提供している「おまかせ投資サービス」になります。

・安定運用

・堅実運用

・バランス運用

・積極運用

・チャレンジ運用

といった運用スタイルを自分で選んで、後は積立投資を自動的に行ってくれるサービスになります。

いわゆる「ロボアド投資」と呼ばれる自動投資サービスです。リスクレベルに応じて最適なポートフォリオを自動的に構築してくれるので、投資家は運用スタイルを決めたら後はほぼ自動的に投資をしてくれるサービスです。

 

LINEスマート投資のメリット・デメリットとは

メリットとすれば、LINEアプリで出来るので手軽という事が挙げられます。ただし、コスト的にはデメリットの部分が大きいでしょう。

 

[どういったところがデメリットか?]

テーマ投資は分散投資が可能と言っても、実際にはややコストが高いです。

仮に10万円の投資をした時の手数料を比較してみると、ネット証券と比べるとその割高さが分かるでしょう。

・FOLIO:500円(0.5%)

・SBI証券:90円

・楽天証券:90円

・ライブスター証券:80円

株投資をするなら、LINEスマート投資よりネット証券に直接口座を開く方が割安ですね。

分散投資というメリットもありますが、それなら一定のテーマにそっている投資信託を購入する方が分散効果は高いと言えます。少額からの株式投資にこだわるのであれば、「SBIネオモバイル証券」だと1株単位で株式の購入が可能であり、月間50万円以下の売買なら実質手数料も無料で株を買う事が出来ます。

余談ですが、LINEスマート投資のテーマ投資は基本的に「単元未満株取引」という方法で投資をするので、株主優待を実施している会社に投資しても基本的には優待を受ける事が出来ないので注意が必要です。

 

[おまかせ投資はほぼ同じようなサービスになる]

おまかせ投資とは、ロボアド投資になり、FOLIOが提供するものです。

運用手数料が年間1%(税別で最低100円)はやや高めの印象を与えているでしょう。ただし、2020年4月24日まではキャンペーン手数料が無料となっています。

これは強豪と比較しても強みと言えるところであり、おまかせ投資(ロボアド投資)をしてみたいという方が始めるには良いきっかけになります。

 

LINEスマート投資の始め方

LINEスマート投資を始める時にはLINEアプリからFOLIOに口座の開設をする必要があります。

以下のような手順で進めていきます。

 

1、必要事項の入力

2、必要書類(本人確認書類、マイナンバーカード)

3、ウエルカムレターの受け取り

4、FOLIOの口座に入金する

5、投資開始

なお、LINEスマート投資のワンコイン投資を始める際には、別途LINE Payの本人確認と銀行口座の連携も必要になります。

 

本日は、手軽にLINEで投資をしてみよう!LINEスマート投資の特徴について、をお伝えしました。

いまでは連絡ツールとしてほとんどの方が利用しているLINEですが、そのLINEで投資のサービスがあります。投資の種類も2種類あり、自分で選択が可能です。デメリットもありますので、よく理解したうえでぜひ手軽に投資を始めてみてはいかがでしょうか?