BLOG

dポイントって知っていますか?dポイントで資産運用してみよう!

2020/01/08
ロゴ

dポイントって知っていますか?dポイントで資産運用してみよう!

お店でよく聞かれるdポイント。共通ポイントカードの「dポイント」が新たなポイント活用のサービスとして、ロボアド運用のお金のデザインと共同でポイント運用のサービスを開始しました。最近ではポイント投資サービスが急増していますね。

本日はdポイント投資について、特徴や仕組みをお伝えしていきます。

 

そもそもポイント投資って何?

ポイント投資とは、様々な企業が提供しているポイントプログラムで貯まるポイントを利用して資産運用が出来るサービスです。

最近では以下のようなポイントでポイント投資が出来ます。

・永久不滅ポイント運用〈セゾンカード〉

・トライオートETFのクレカポイント投資(インヴァストカード)

・StockPoint(ドットマネー)

・楽天ポイントを利用しての投資信託投資(楽天証券)

2017年くらいからいろいろな会社がポイント投資サービスに参入しています。ドコモのポイントとして、またさまざまなお店で貯まる共通ポイントカードであるDポイントの参入はポイント投資サービスにかなりのインパクトを与えています。

 

dポイント投資サービスの仕組みについて

dポイント自体は、NTTドコモのポイントプログラムです。共通ポイントカードとして、街の加盟店やネット通販で1ポイント=1円としてポイントを貯めたり、使用したりすることが出来るポイントプログラムです。

dポイント投資は、そのdポイントを利用して投資を行い、その結果によってポイント残高が変動する投資サービスです。

ロボアド運用を行っている金融ベンチャーの「お金デザイン」と提携して投資サービスを提供しています。

dポイント投資サービスの運用先としては、以下の2つになります。

 

・アクティブコース(国内外の株式中心の積極的運用であり、債権よりも株式に大きく比重を置いて、高いリターンを目指すコースです。)

・バランスコース(国内外の債権を中心に安定的運用であり、株式よりも債権にやや比重を置き、安定したリターンを目指すコースです。)

 

ちなみに債権=安定という訳ではなく、債券価格は金利水準によって上下するので、投資元本のどちらも変動します。定期預金のような固定利回りはありませんので、ご注意ください。

投資出来るのはdポイントのみで、キャンペーンなどで受け取れる「期間・用途限定ポイント」は投資の対象外になります。

投資単位は100ポイント(100円相当)以上、1ポイント単位となっていて、運用資産は原則24時間365日好きなタイミングでdポイントに戻すことが可能です。運用ポイントは平日の午後5時頃に更新されます。

なお、ポイント価格の変動は、お金のデザインが設定・運用している投資信託の基準価格に連動して増減するようになっているので、仕組みとしてはdポイントを使用して投資信託を購入していると考えると良いでしょう。

 

dポイント投資のメリットとは?

dポイント投資のメリットは次のような事が挙げられます。

 

・証券会社に口座を作らなくても手軽に投資が出来る(マイナンバーも不要)

・dポイントの有効期限を中断出来る(通常は4年)

・100円から投資可能で、現金を使わないで投資の体験が出来る

 

何といってもdポイントを貯めている方なら、利用規約に同意するだけで手軽に始められます。dポイントを持っていて、100ポイント以上あれば手軽に投資体験が出来ます。特にドコモの回線を持っていて、dカードGOLDを利用している方は、毎月かなりの金額のdポイントが貯まっていくので、そうしたポイントを運用することでさらに増やす事も出来ます。

また、dポイントは通常4年間の有効期限ですが、dポイント投資サービスの利用中(運用中)はポイントの有効期限がストップします。ポイントの有効期限が近いが使う予定がない方には、ポイントを運用することで期限切れを予防する事にもなります。

 

dポイント投信のデメリットとは?

dポイント投資のデメリットは次のような事が挙げられます。

 

・投資なのでポイントが減るというリスクがある(損をする)

・あくまでも運用しているのは「ポイント」

 

dポイント投資サービスはリスク資産である投資信託に連動してポイントが変動しますので、運用によっては増える可能性もありますが、減ってしまうリスクもあります。そもそもポイントなので損をしても生活費などのお金に影響しませんが、ポイントが減る可能性があることは覚えておいて損はないでしょう

もう1つはあくまでもポイントを運用しているという事です。ポイントはお金ではありません。たとえば、通常の株式投資や投資信託の場合は、運用資金が分別管理されていて運用会社(証券会社)が倒産しても資産は保護されます。一方で、dポイント投資サービスはポイントを運用している為、万が一の際には保証は弱いでしょう。ポイント投資全般に言えることですが、あくまでも余ったポイントの運用と考える方が良いですね。

 

本日は、dポイントって知っていますか?dポイントで資産運用してみよう!をお送りしました。

近年、ポイントを利用した投資サービスが急増しています。dポイントは街中やネット通販でもポイントが貯まります。そのポイントを利用した投資サービスになりますので、投資をしてみたいけど実際の現金を使うには少し不安がある方にもオススメのサービスです。投資を始める前にポイントを利用したポイント投資を始めてみませんか?ポイントの有効期限切れも防ぐことが出来て、とても有効なサービスです。