BLOG

キャッシュレス時代!交通系ICカードのメリットとは?-後編―

2020/01/23
ロゴ

キャッシュレス時代!交通系ICカードのメリットとは?-後編―

前編では交通系ICカードについて詳しくご説明しました。後編では、交通系ICカードのメリットをお伝えします。いかに交通系ICカードは便利かお分かり頂けるでしょう。

 

交通系ICカードのメリットとは?

交通系ICカードには5つのメリットがあります。下記で詳しく見ていきましょう。

 

  1. ほぼ全国で相互利用することが出来る

    交通系ICカードの1つ目のメリットは、ほぼ全国で相互利用出来ることです。例えば、JR東日本が発行しているSuicaを持っているとして、それを九州で使うことも可能なのです。出張が多いサラ―リーマンや旅行が好きな方にはもってこいですね。

 

  1. コンビニはもちろんのこと自販機などでも使える

    交通系ICカードの2つ目のメリットは、コンビニや駅の売店、自販機など、身近に利用できる場所が多いということです。例え、Suicaを持っていたら、JR東日本の駅ビル内の各店舗でも利用することが可能で、首都圏を行き来する方にとってはとても利便性が高いですね。何か急に買い物が必要になっても、駅ビルの店舗で買い物出来ることは1度他の場所へ移動しなくても良いので、手間も省けます。

 

  1. クレジットカードと紐付けすることが出来る

    交通系ICカードの3つ目のメリットは、他の電子マネーと一緒で、クレジットカードとの紐付けが出来ます。このことで、交通系ICカードの残高が一定額以下になると自動的にチャージされる「オートチャージ」の機能を使うことが出来ます。残高不足で改札を通れなかったなどのうっかりを防ぐことが出来ますね。

 

  1. ポイントが貯まる

    交通系ICカードの4つ目のメリットは、おもにクレジットカードと紐付けすることで、ポイントが加算されることです。クレジットカードを利用してチャージすることで、クレジットカードのポイントを貯めることが出来ます。また、コンビニ、スーパー、自動販売機などで電子マネーを利用すれば、交通系電子マネー独自のポイントを貯めることが出来ます。こういったシステムをうまく活用することも電子マネーを利用するメリットと言えるのではないでしょうか?

 

 

  1. おサイフケータイやApple Payで使うことが出来る

    交通系ICカードの5つ目のメリットは、おサイフケータイやApple Payを経由する形で、携帯電話やスマホを利用することが可能です。スマホに電子マネーの機能を追加することで、利便性はますます増すでしょう。買い物をする時、駅の改札を通る時にスマホを取り出すだけでいいので、よりスムーズになりますね。

 

交通系ICカードにも注意点はあるのか?

お分かり頂けたように、日々の生活の中でとても便利に利用することが出来る交通系ICカードですが、利用にあたって少し気を付けたい注意点が2点ほどあります。

 

  1. エリアをまたぐことが出来ない

    交通系ICカードは、の本各地の鉄道会社が自社の運行しているエリア内での利用を想定して発行しているので、異なるエリア間で利用する「エリアまたぎ」が出来ないという課題もあります。

    例えば、JR東日本が発行しているSuicaを利用して、JR東海エリア内の電車に乗ったり、店舗で買い物をする分には問題ありません。しかし、JR東日本のエリア内から乗車して、JR東海のエリア内で下車するには、通常の自動改札を通ることが出来ません。これがエリアをまたぐことが出来ないということです。

    現在は、買い物などでエリア間の壁はありませんが、それでもエリアまたぎが出来ない課題は、まだ解決されていませんので、エリアをまたいで下車する際には有人の改札で精算してもらう必要があります。

 

  1. 残高不足が起きる

    交通系ICカードの多くは、あらかじめカードにチャージしておく「プリペイド型」を採用しているので、頻繁に利用していると残高不足で自動改札を通れないことがたびたびおこります。首都圏や大型の都市ではたくさんの方々が忙しく行きかうので、自動改札で残高不足になると、後の方に迷惑をかけることにも成りかねません。

    こうした状況を避けるためにも、残高には常に気を配る必要があり、改札を通る際には残高が表示されるので常にチャックしておきましょう。いちいちチェックするのは面倒だと感じる方は、クレジットカードと紐付けしてオートチャージを設定しておけば

    残高不足になる心配はありません。

     

    本日は、キャッシュレス時代!交通系ICカードのメリットとは?-後編―をお伝えしました。

    交通系ICカードは、公共交通機関に特化しています。他の電子マネーに比べると買い物などでのポイント還元率はそんなに高くありませんが、利便性を考えると使い勝手は抜群です。クレジットカードと紐付けしたり、おサイフケータイとして利用したり、自分の生活スタイルに合わせて、交通系ICカードを賢く使っていきましょう。