BLOG

給料ファクタリングと給料前払いサービスって何?

2020/01/29
ロゴ

給料ファクタリングと給料前払いサービスって何?

「給料ファクタリング」や「給料前払いサービス」という言葉を知っていますか?どちらも給料日前より給料を受取れるサービスですが、利用してことがある方もいるでしょう。急な出費はいがいに多いもので、お給料日前にお給料が入ったらいいな、と思っている方も多いのではないでしょうか。一見似ているような2つのサービスですが、実は大きな違いがあります。

本日は、給料ファクタリングと給料前払いサービスの違いについてお伝えします。

 

給料ファクタリング、給料前払いサービスとはどんなサービス?

 

◎給料ファクタリングとは?

給料ファクタリングとは、将来振込される、であろうお給料をファクタリング会社に買い取ってもらい給料日前に現金を得るサービスです。

もともとファクタリングは、中小企業が保有している売掛債権をファクタリング会社が買い取り現金を得るサービスですが、給料ファクタリングは売掛債権ではなく、お給料になります。給料ファクタリングを行う際には、2社間ファクタリング、3社間ファクタリングと2種類の方法があります。2社間ファクタリングはご自身とファクタリング会社の契約で済みますが、3社間ファクタリングはご自身とファクタリング会社とお勤め先の会社との契約になるので、お勤め先の理解も必要になります。

ファクタリング会社は、お給料の買い取りにあたって、手数料を受け取ることで収益を得ています。

 

◎給料前払いサービスとは?

給料前払いサービスとは、給料日より前に給料を前払いしてもらうサービスです。昔から給料の前借りという仕組みはあり、労働基準法にも明記されています。労働基準法25条では、非常時について給料日前でも給料を支払うように定めているのですが、これはすでに労働を行った給料に対してなので、これから働く予定の労働にたいしては認められていないのです。給料前払いサービスは給料の前借りとは違い、企業が従業員向けに導入するサービスになっています。

福利厚生の一環として、給料前払いサービスを企業側が導入することにより、求人数の増加や離職率の低下など、企業側にもメリットがあります。

この給料前払いサービスを導入するには、前払いサービスを行っている会社と企業側が提携する必要があります。

提携しているサービスにもよりますが、webやアプリからの申請で給料前払いサービスを利用可能なので、便利です。

 

利用する人はどんな人?

給料ファクタリングや給料前払いサービスを利用する人はどんな人でしょうか?

給料前払いサービスが誰でも利用できる訳ではなく、お勤め先の会社が給料前払いサービスを導入していることが前提です。急な出費が重なり、お金が必要なった場合に給料前払いサービスを導入している会社にお勤めの場合に、利用している方もいます。

一方で、給料ファクタリングは会社が給料前払いサービスに対応しているということに関係なく、個人とファクタリング会社の契約になります。給料ファクタリングは、ご自身のお給料を給料債権としてファクタリングが会社に買い取ってもらう為、借金ではないので個人信用情報に傷がつくこともありません。個人信用情報に借入の履歴を残したくない方や以前に金融事故を起こした方も利用出来ます。

 

給料ファクタリングと給料前借サービスのまとめ

 

◎給料ファクタリングとは、これから入るであろう給料を給料債権としてファクタリング業者に買い取ってもらい、給料日より前に給料を現金化することです。実際に給料が入金されたら、ファクタリング会社へ入金します。

 

◎給料ファクタリングは、これから入るお給料を事実上の担保にするので、お給料以上の金額を受取ることは出来ません。また、手数料が発生するので、お給料の全額が入る訳ではないので注意が必要です。

 

◎給料ファクタリングは、取引した業者が闇金の場合もあるので、お金を早急に用意しなくてはならなくても闇雲にファクタリング会社を選んではいけません。HPや口コミを参考にして信用ある会社を選びましょう。

 

◎給料前払いサービスが、企業が提供する福利厚生の一環であり、勤め先と給料前払いサービス会社を通して、お給料を前借りすることです。

 

◎給料前払いサービスは、企業が提供する福利厚生の一環の為、勤め先の会社が導入していなければ利用することは出来ません。

 

◎給料前払いサービスは、手数料を取られるので注意が必要です。

 

本日は、給料ファクタリングと給料前払いサービスって何?をお伝えしました。よく似た

ようなサービスに感じますが、実は2つのサービスは全然違います。

日常生活の中で、お給料日の前に想定外の出費があり、どうしてもお金が必要になることがあるでしょう。そんな時にはこの2つを知っておくと便利です。

給料ファクタリングは個人とファクタリング会社とのやり取りになりますが、給料前払いサービスが勤め先の会社が導入していなければ利用できません。そして、2つとも手数料がかかりますので、利用前にどれくらいの手数料がかかるのか調べることも大切です。利用しないで生活できることが1番ですが、どうしても困っているという時には便利なサービスですので、知っておいて損はありませんね。