BLOG

信用金庫のおまとめローンはねらい目!

2020/02/11
ロゴ

信用金庫のおまとめローンはねらい目!

信用金庫におまとめローンってあったの?と不思議に思われた方もいるでしょう。しかし、地域密着型の信用金庫のおまとめローンはかなりねらい目なんですよ。本日はあまり知られていない信用金庫のおまとめローンについてお伝えします。

 

知らないと損?信用金庫のおまとめローン

信用金庫に口座を持っているけれど、信用金庫が銀行よりサービスが手厚いというのを知っている方はどれくらいいるでしょうか?

 

◎信用金は地域密着型!

信用金庫は地域密着型の金融機関なので、その地域の方たちしか利用出来ません。信用金庫の主な業務としては、預金、為替取引、融資などです。

信用金庫では、口座を開設して預金も出来ますし、カードローンやおまとめローンの商品も取り扱っており、銀行のサービス内容とあまり変わりません。しかし、信用金庫は地域の人々が会員となって出資している共同組織の為、相互扶助が第一の目的であり、利益を優先する金融機関ではないのです。この点が銀行と大きく違います。

また、信用金庫は地域の相互扶助が目的なので、営業エリアも限定的です。

信用金庫の場合は、以下の3つのいずれかを満たしていないと会員にはなれません。

 

  1. 営業地域に住んでいる方

  2. 営業地域内に勤務している方

  3. 営業地域内に事業所を持っている方(従業員300人以下または資本金9億円)

 

また、信用金庫では会員以外は原則として融資を受ける事が出来ません。地域に密着して、地域の人から集めた資金を地域の発展の為の還元する事が信用金庫の大きな役割と言えるでしょう。

 

◎信用金庫は非営利法人!

銀行は株式会社ですので、株主に利益を還元する為に日頃から経営活動を行っています。

一方で、信用金庫は先ほども述べたように相互扶助を目的としている非営利法人なので、地域の発展の為に活動しています。

銀行は出来るだけ利益を上げることを目標としていますが、信用金庫は利益を上げる事を目標にはしていません.

信用金庫が提供している商品を見れば、その意味がよく分かって頂けるでしょう。

信用金庫のおまとめローンは、会員向けのサービスとして提供しているので、全体的に金利が低いです。これは利益の追求を目的としていないので、金利が低めに設定してあります。

 

審査の通りやすさはどうか?

信用金庫のおまとめローンが会員向けのサービスとして提供されているのであれば、信用金庫のおまとめローンは誰でも借りる事が出来るのでしょうか

それでは以下で、詳しくみていきましょう。

 

◎審査は甘いわけではない!

信用金庫のおまとめローンは会員向けのサービスですが、誰でも利用できる訳ではなく、審査を受けなければならず、審査基準もあります。

信用金庫が非営利法人といっても職員にお給料を支払い、地域の発展に寄与する程度の利益を生み出す必要があるからです。

もちろん申込者の条件が信用金庫のおまとめローンの審査基準をまったく満たしていなければ、審査を通過する事は出来ませんが、申込者の返済能力を出来るだけ考慮した柔軟な審査になっています

このように、信用金庫のおまとめローンの審査基準は銀行や消費者金融などの審査基準とは全く異なるので、審査が甘いと表現されがちです。しかし、両者の経営理念が異なる事を考えればごく当然の事かもしれません

 

◎信用金庫のおまとめローンの審査の傾向とは?

信用金庫は利益追求を第一の目的とはしていません。地域の経済発展の為に業務を行っています。銀行なら融資を行わないような企業や個人にも親身に融資の相談に乗ってくれることが多いのです。

信用金庫のおまとめローンの審査では、年収や勤続年数、借入状況といった数値化出来る情報だけで融資の可否を判断する事は少ないでしょう。

会員である申込者の現在の返済能力や人間性を重視して、出来るだけおまとめローンを利用出来るようにアドバイスをしてくれる傾向が強いです。

 

本日は、信用金庫のおまとめローンはねらい目!をお送りしました。おまとめローンといえば最初に思いつくのは銀行や消費者金融ですね。しかし、地域密着型の信用金庫にも低金利で審査が柔軟なおまとめローンがあります。信用金庫は銀行とは違い、利益を上げる事を一番の目的とはしていないので、会員になれば様々なサービスを受けられます。

今まで、信用金庫には相談した事がなかったという方も一度目を向けてみてはいかがでしょうか?