BLOG

株のスクーリングで割安株を見つける方法とは?

2020/03/11
ロゴ

株のスクーリングで割安株を見つける方法とは?

投資を始める時に多くの人が持つ悩みが「一体どの銘柄を購入すれば良いのか」ということでしょう。

上場企業は3500社以上もあり、知っている会社はいくつかあってもその企業の株を購入すれば上がるのか、ということはイメージとしてつかみにくいですね。

そこで役立つのが「スクーリング」です。チャートの形や企業業績をもとにした割安さの数値などを利用して、銘柄を絞り込んでいくものです。

スクーリングは面倒で時間がかかりそうと思っている方も多いかもしれませんが、いくつかのポイントを押さえれば難しくありません。

本日は株のスクーリングの視点やコツなどについてお伝えしていきます。

 

  1. 株のスクーリング:オススメの絞り込み条件について

  1. 株のスクーリング条件について

    どういった視点からふるい分けするか?というのは投資目標やどんな銘柄を購入したいかにもよって、大きく異なります。しかし、その絞込み条件は数多く存在しています。

    例えばSBI証券のスクーリングの検索条件を見てみると、1度見ただけでは数えきれない程の条件が存在しています。

    もちろんですが、すべての条件を使って検索をかける必要はないのです。どの条件が大切か?どれを重視して使えばよいか?ということを頭に入れておけば、スクーリングは思っているほど難しくありません。

 

  1. 初心者でもすぐに実践出来るスクーリングの条件とは?

  1. PER:15倍以下

    収益から見た割安性が分かるもので、15倍以下というのは、

    1÷15×100=6.6%

    となり、利回り6.6%が見込めるということを表しています。

 

  1. ROE:10%以上

    株主資本利益率は、高い方が資金の効率性が良いことを表し、10%以上が株主資本の活用効率や収益性が良いという数値になります。

 

  1. 時価総額:300億円以下

    成長バリュー株投資を行う際には、事業規模が300億以下の企業をオススメします。それはこれからの成長を期待出来る為です。

 

  1. 純利益伸び率:10%以上

    成長性と株価の動きは連動するので10%以上を選びましょう。

 

  1. 売り上げ伸び率:10%以上

    純利益の伸び率と同じに成長する株を探す目安になります。

 

  1. 株のスクールング方法:重視すべき条件について

ここからは株のスクーリングについて重視すべき条件をピックアップしていきます。その条件はかなり多くある為、今回は長期投資で値上がりが期待出来る銘柄を選ぶという視点からスクーリングで大事にしたいポイントを押さえていきます。

 

  1. PER・PBRといった割安性を示す指標とは?

    PER(株式収益率)やPBR(株価順資産倍率)は株価の割安性を示す指標です。これらの数値は低ければ低いほど割安という事を表しますが、その数値について同業他社の平均値を比べてどうか?という事を確認する事が大切です。

    企業規模や業種によって大きく異なるので、日本証券取引所から毎月発行させている資料を見てみると良いでしょう。

    また、マザーズ市場は新興企業が多くなっているので、どちらかというとPERやPBRが非常に高い銘柄が存在しています。

    これらの銘柄はクローズ株といわれ、PERが高くても将来の収益率の拡大を見込まれていて、需給面で大きく購入されているものも多いです。今回のターゲットからは少し外れますが、購入を検討している場合には注意しておきたいポイントになります

 

  1. 時価総額の大きさ

    株価がより上がるには、収益と業種が大きく伸びる必要があります。その点で大企業は市場のシェアをすでに拡大しており、安定性はありますが、成長の伸びにはやや欠けるといった側面があります。

    それに対して、中小企業は新しいビジネスモデルを採用している会社も多くあり、またその会社規模に小ささから経営に小回りがきき、景気トレンドの動向に対応しやすいです。そして、中小企業という事は、これから大企業に発展する可能性も秘めているので、そういった点で時価総額が比較的小さめの企業を選ぶことは大切になってきます。

 

  1. 収益性が高く、かつ安定して利益を計上しているか?

    毎日株価チェックをしている個人投資家は多くいますが、適時開示やIRを逐一チェックしている個人投資家は意外にそこまで多くないです。

    そういった情報を見て更なる情報を知っておくことで、他の投資家たちが知らないような視点を身に付けられる可能性があります。

    収益性が高い企業を選ぶというのは当たり前の条件のように感じますが、それが一過性のものではなく、過去から安定して利益を積み上げており、また将来伸び続けいくのか?という点がさらに重要になっていきます。

 

  1. ビジネスモデル

    (1)や(2)のような点を踏まえて、ビジネスモデルというのはとても重要になっていきます。

    例えば、現在の業界トレンドを考えてみると、ネットを通したEコマースが発展してきている中で、百貨店のような販売モデルは逆風が吹いている状態です。

    すべてのビジネスモデルについて詳細を理解することは難しいですが、会社概要などを見てこの企業は伸びそうだということを知ることは必要になりますね。

 

  1. 過去のチャートをチェックしてみよう!

    過去のチャートを合わせてみておくことは大事です。

    自分は買いたい銘柄だけではなく、直近で大きく値上がりしている銘柄とその理由を調べておくことは後々のスクーリングに役立つことは確実です。狙いたい銘柄としては、一気に株価が急騰しているものではなく、ゆっくり時間をかけて上昇している株価です。

 

本日は、株のスクーリングで割安株を見つける方法とは?をお伝えしました。スクーリングは面倒で時間がかかるというイメージを持っている方も多いですが、ポイントさえつかんでいれば意外に難しくありません。どの銘柄を購入するかは投資をするうえでとても大切なことですので、ぜひ記事を参考にしながら、銘柄選択に関する技術を磨いていきましょう。