BLOG

効率的に消費者金融の返済をする方法-後編―

2020/03/13
ロゴ

効率的に消費者金融の返済をする方法-後編―

消費者金融での借入の返済は最低返済額が設定されているので、毎月の返済が少なくて済みます。しかし、その分返済は長期化してしまい、計算してみると利息をたくさん支払っていることになります。

そこで本日は消費者金融の借入をお得に返済するコツをお伝えします。前編と合わせてぜひご覧下さい。

 

消費者金融の借入には「無利息サービス」を活用しよう!

大手消費者金融では30日程度の無利息サービスを提供しているのがほとんどです。

無利息期間中は一切利息がかからず、その期間中に全額を返済することが出来れば、利息はゼロ円というとてもお得なサービスです。

たとえ無利息期間中に全額返済する事が出来なかったとしても、無利息期間中に借入の一部を返済すればその返済金額はすべて元本に充てられますので、利息を大きく減らすことが可能です。

無利息サービスを利用出来る条件は、それぞれの消費者金融によって違いますので、気を付けて下さい。

 

・契約日の翌日から30日間無利息

・初回借入の翌日から30日間無利息

 

など、消費者金融によって無利息サービスが適用される時期も異なりますので、注意が必要です。出来るだけ有効に利用できると良いですね。

 

返済方法を口座振替に設定しよう!

消費者金融からの借入をお得に返済するには、返済方法にも注意をする事が大切です。

ただでさえ、高い金利を支払っているわけですから、返済手数料にも気を配りたいものですね。

 

[口座振替がオススメ]

消費者金融の返済方法には以下のような方法があります。

 

・消費者金融の自社ATM

・コンビニなどの提携ATM

・口座振替

・銀行振り込み

・インターネット返済

・店頭窓口

 

いろいろな返済方法がありますが、この中で最もオススメの返済方法は銀行口座からの口座振替です。

その理由として、以下のような事が挙げられます。

 

・決められた日に自動的に引き落としされるので、返済のし忘れがない。

・返済手数料がかからない。

 

口座振替なら返済期日に自動的に引き落としされる為、あらかじめお金がある時に口座に入金さえしておけば返済期日に遅れる事もありません。

他の方法を利用して、返済期日に遅れると滞納扱いになってしまい、信用情報にキズがついてしまう恐れがあります。また、遅れた事への遅延損害金も発生してしまいます。口座設定にしておけば、そういったリスクを避ける事が出来ます。また、口座振替であれば返済手数料がかかることもありません。

 

[繰り上げ返済をする]

最も効率的に消費者金融からの借入を返済する方法が繰り上げ返済になります。ボーナスなどのまとまったお金が入る時に、まとまった金額を繰り上げ返済することが出来ます。まとまった金額が難しい時には、最低返済額に一定額上乗せして返済する事も非常に有効です。気を付けて欲しい事は、繰り上げ返済をする時には手数料無料の方法で行う事が重要です。毎月の返済額は、利息に優先的に充てられるので元金がなかなか減りません。しかし、繰り上げ返済の場合にはすべて元本に当てられます。

返済したお金を元本に充てられれば、通常の返済のペースよりも早く元金が減ります。当然、利息の負担も小さくなる訳です。

消費者金融の場合、返済方法を口座振替にしていると最低返済金額のみ引き落としがされるので、繰り上げ返済をする時には他の方法で入金の手続きが必要です。

ただし、繰り上げ返済をする際には、

 

・消費者金融自社のATM

・インターネット返済

・店頭窓口

などの手数料がかからない方法を選択し、返済しましょう。

 

返済に遅れる時や返済出来ない時には?

消費者金融の借入が完済するまでの間に、返済期日に遅れる時や返済出来ない時があるかもしれません。

そのような時にはどうすれば良いのでしょうか?

 

[返済が遅れそうな時には連絡をする]

消費者金融の返済に遅れそうな時には、決してそのまま放置してはいけません。出来るだけ早く消費者金融の担当者に連絡して下さい。

返済が遅れた場合もそのままにしておくと信用情報にキズがつき、今後の借入に大きな影響を及ぼすことになります。また、返済に遅れると遅延損害金も発生します。

返済が遅れている間は通常よりも高い金利が適用されるので、負担がますます大きくなります。あらかじめ遅れそうだと分かる時には、消費者金融の担当者に相談する事をオススメします。

返済の遅れを放置していても得になる事は何もありません。

 

[専門家に相談する]

消費者金融の返済が苦しくなってきた時には、無理をせずに出来るだけ早い段階で専門家に相談する事をオススメします。

 

・法テラス

・消費者生活センター

・無料の弁護士相談

 

など、借金問題を相談出来る場所はたくさんありますので、借金問題は必ず解決出来ます。1人で悩まずにどうにもならない時には相談する事も検討してみて下さい。

 

本日は、効率的に消費者金融の返済をする方法-後編―をお送りしました。

前編と後編に分けて消費者金融の返済についてお伝えしましたが、消費者金融の返済は効率よく返済しようと意識するだけで大幅に利息の負担を減らす事が出来ます。

消費者金融の返済方法や利息が発生する仕組みをよく理解して、返済の計画をしっかり立て、無駄なく効率的に返済する事を心がけましょう。