BLOG

リボ払いの返済残高が残っているとクレジットカードの審査に通らないって本当?―前編―

2020/03/23
ロゴ

リボ払いの返済残高が残っているとクレジットカードの審査に通らないって本当?―前編―

毎月の支払額が一定額になり、支払いも安定するお得なクレジットカードのリボ払いですが、リボ払いの残高が多く残ってしまうと他のクレジットカードの審査に影響しないか心配のなる方もいらっしゃるでしょう。しかし、実際のところはリボ払いの残高が残っていてもが他のクレジットカードの審査に影響を与える事は少ないです。むしろ毎月の支払い額や支払い状況の方が他のクレジットカードの審査に影響を与えます。ですが、リボ払いの支払いが毎月高額になる場合には、本人の支払い能力に疑問を持たれる事もありますが、基本的にはリボ払いの残高が他のクレジットカードの審査に影響を与える事は少ないと考えて大丈夫です。

本日は、リボ払いの残高が残っているのに他のクレジットカードの審査を受ける事について前編と後編に分けて詳しく見ていきます。現在クレジットカードの支払いをリボ払いにしていて、新たにクレジットカードの申し込みを考えている方には必見です。

 

リボ払いの残高はクレジットカードの審査に影響はない

先ほどの申した通り、リボ払いの残高がある状態で新たにクレジットカードの申し込みをしてもクレジットカードの審査に影響はないです。この理由を下記でご説明していきます。

 

◎クレジットカードの審査では支払い可能見込み額が大切!

クレジットカードの審査の際に大切になる事は、個人が持っている支払い可能見込み額です。この支払い可能見込み額は、次の計算式で求める事が出来ます。

 

支払い可能見込み額=年収―年間請求予定額―生活維持費

 

消費者の年収から年間請求額を引いて、さらに生活する為の生活維持費を引きます。

こちらで出た数字が消費者のクレジットカード利用代金の支払いに充てる事が出来る金額です。この支払可能見込み額の90%の金額が限度額として設定されるのです。生活維持費は、割賦販売法で明確に定められているので、気になる方は調べてみて下さい。

リボ払いの残高があってもクレジットカードの審査に通るかを調べるには、リボ払い請求の12倍の金額と年収から生活維持費を引いた金額を比べて、年収から生活維持費を引いた数字が上回っていれば審査に通る事が出来るはずです。ぜひ気になる方はご自身が新たな審査に通るのか確認してみて下さい。

 

過去の利用歴に問題がある場合には審査には通らない可能性もある?!

クレジットカードの審査で次に大切な事は、過去のクレジットカードの利用実績です。

万が一、過去のクレジットカード利用歴の中で、支払いに遅延があったりすれば、その記録によってクレジットカードの審査に落ちるという事は十分に考えられる事です。

クレジットカードの審査の場合、単純に毎月の支払い能力も求められますが、過去のクレジットカードの支払い状況を調べられ、支払いに遅延がある場合には今度もまた遅れるのでは?と思われて審査に落ちやすくなってしまうのです。その為、今後の事を考えるなら、少しくらいの遅れならいいだろうと甘く考えずに、きちんと決まった期日に支払いをする事が大切になります。

 

リボ払いの残高は信用情報の確認でバレます!

クレジットカードのリボ払いはこちらが新たにクレジットカードの申し込みをする際に申告しなければ良いのでは?などと単純に考えがちですが、実際には申込時にウソを伝えたとしても、個人信用情報にすべて記録されているので、ウソをついて審査に通る事はもちろんありません。個人信用情報には、今までの金融関係の情報はすべて記録されているのです。こちらから詳しく伝えなくても、クレジットカード会社は審査を通して、信用情報を調べるだけで申込者がどのようなクレジットカードを持っていて支払いはきちんと行われているかもすべて知る事が可能なのです。

 

◎個人情報は重要である!

リボ払いに限らず、個人信用情報に悪い記録が残されている時点で、クレジットカードの審査に通る事は難しいです。当たり前の事ですが、クレジットカードでもお金を借り入れしていると同じようなものなので、信用が大切になります。クレジットカードの審査のみならず他のカードローンなどの利用を考えている方は、少しでも信用情報をクリーンに保つことが大切なのです。

よく金融ブラックなどという言葉を耳にする事があると思いますがこれはまさしく個人信用情報に悪い情報が記録されている場合で信用情報にキズがついている状態を言います。信用情報がブラックになってしまうと、クリーンにする為には何年もの時間がかかってしまい、その間は新たな申し込みの審査に通る事が出来ないので新しくクレジットカードを作ったり、カードローンを契約したりする事が出来なくなります。

 

◎ちなみにリボ払いは住宅ローン審査にも影響しない?

リボ払いの残高がある状態で、住宅ローンを組みたい場合には影響しないのでしょうか?実際には、住宅ローンの審査にはリボ払いの残高が残っている状態では、審査に影響してしまいます。住宅ローンは数年で返すものではなく、長い年月をかけて返済していくものです。その為、住宅ローンの審査では長期間返済する能力があるのかどうかが争点になり、リボ払いを長期間に渡り支払いしているのであれば住宅ローンの審査に通過するのはかなり不利な状態になるといえます。

 

本日は、リボ払いの返済残高が残っているとクレジットカードの審査に通らないって本当?―前編―をお送りしました。リボ払いの残高が新たなクレジットカードの審査に影響を与える事は少ないですが、過去の支払い状況が審査に影響を与える事はあります。また、住宅ローンを検討している場合には、リボ払いの残高があると不利になる場合があります。後編では、リボ払いで悩んでいる方向けにどのように対応すれば良いかお伝えしていきます。