BLOG

転勤で引っ越したばかりでもカードローンの審査は通るの?

2020/03/26
ロゴ

転勤で引っ越したばかりでもカードローンの審査は通るの?

 

 

カードローンの審査は転勤で引っ越したばかりでも審査に通るの?」と心配してはいませんか?

 

仕事の事務所が変わったり住む家が変わったりと、引っ越しをすると環境がガラッと変わりますよね。カードローンの申込の際に入力する内容も大きく変わります。

 

もしかしたら、転勤で引っ越しをしたばかりだと、審査で不利になるのではないかと心配になるかもしれませんね。確かに場合によっては審査に不利になる可能性もありますし、手続きの際に注意しないといけない点が他の人よりも多いです。

 

でも、きちんと注意点を押さえれば、引っ越ししたてでも審査に通ることは十分に可能です。今回は、転勤で引っ越ししたての人がカードローンへ申込む際の注意点と、確実に素早く借入をするための流れについて解説します。

 

 

チェックマーク転勤で引っ越しをして間もない人が注意すること

 

転勤で引っ越し間もない人がカードローンの申込をする場合、他の人よりも注意しなければならないポイントが多いです。

できるだけ早く確実に借入したいでしょうが、必ず注意点を事前に確認し、手続きの途中でつまずくことがないように気を付けて下さいね。

 

 

◎転勤と引っ越しが審査に与える影響

 

まずは転勤と引っ越しをすることで、カードローンの審査にどのような影響があるのか確認してみましょう。

 

 

・転勤をしても勤続期間はリセットされない

 

審査の際に重視されるポイントの一つに、「勤続期間の長さ」があります。

 

一つの会社で働いている期間が長ければ長いほど、収入が途絶える可能性が低いと判断され、信用が高くなる傾向があります。そこで不安なのが、転勤をして所属する部署や支店が変わった場合はどうなるかですよね。

 

あなたが給料をもらっている会社が変わらなければ、勤続期間がリセットすることはありません。カードローンへ申込をする際に、今働いている会社の勤続期間を入力する欄がありますが、入社してから現在までの年数を入力すれば大丈夫です。

 

 

・引っ越しをすることは審査でマイナスになる可能性あり

 

申込の際には、居住形態と居住年数を入力する欄があります。転勤になったとしても審査にマイナスになる可能性は低いですが、引っ越したことで若干不利になる可能性はあります。

 

まず、居住形態の審査への影響についてですが、一般的に持ち家に住んでいる人は有利であると言われています。自分で所有している家に住んでいれば、引っ越しをして連絡がつかなくなる可能性が低いですし、万が一返済が滞った場合でも、家を売却して返済する手立てがあるからです。

 

また、社宅に住んでいる場合も評価は高いでしょう。勤めている会社に社宅を提供するほどの余裕があるということは、急に倒産する可能性が低いですからね。

 

すると、賃貸に住んでいる場合は評価が低いのか?というとそうゆうわけではなく、特にプラスになることもマイナスになることもありません。引っ越しで居住形態が変わることについては、それほど気にする必要はないでしょう。

 

居住年数については、長ければ長いほど有利だと言われています。カードローン会社は、一つの場所に住んでいる期間が短く頻繁に引っ越しをする人は、連絡が途絶えてしまうリスクが高いと判断します。

 

その点では転勤で引っ越しをする場合は、、若干審査で不利になる可能性はあります。ですが、引っ越しをした場合でも、カードローンを申し込む際に居住年数を意図的に長く申請することは虚偽にあたり、万が一バレることを考えると逆効果ですので、あまり気にし過ぎないで正確な情報で申請しましょう。

 

 

・引っ越し直後は提出書類に注意が必要

 

引っ越しをしたばかりの人が、手続きの際に注意しなければいけないのが提出書類です。必要書類の提出ができていないと、カードローンの申し込みができないこともあるため、最低限の準備をしておきましょう。

 

 

・本人確認書類の住所変更をしておく

 

カードローンへ申し込む際に、必ず提出をしなければいけないのが本人確認書類です。

 

申し込んでいるのがあなた自身であることを証明し、入力した住所が間違いないか確認するためにも使われます。本人確認書類として認められるのは次の中のいずれかです。

 

 

*運転免許証

 

*パスポート

 

*個人番号カード

 

*健康保険証+住民票か公共料金の領収書

 

 

引っ越しをして間もない時は、以前の住所のままという人もいるかもしれませんね。カードローン申込の際には、基本的には現住所が記載された書類が必要です。まだ、変更手続きができていないという人は、急いで変更しましょう。

 

 

・本人確認書類の住所変更ができない場合は住民票を用意

 

運転免許証などの書類の住所を変更する場合、市役所で転入の手続きをしてから住民票の写しを取得し、運転免許センターか警察署に行って変更手続きをしなければいけません。

 

それだけの手続きをしている時間がないという人は、住民票の写しを入手するだけでもOKです。以前の住所が記載された本人確認書類と、新しい住所が記載された住民票の写しをセットで提出しましょう。

 

 

・念のため、収入証明書類を用意しておく

 

多くの人は本人確認書類だけを提出すれば良いのですが、申込む希望限度額や状況によっては収入証明書類の提出を求められる可能性があります。

 

 

*希望借入限度額が50万円を超える場合

 

*他社からの借入残高と、今回の希望借入限度額の合計が100万円を超える場合

 

*上記以外に、審査の段階でカードローン会社が必要と判断した場合

 

 

高額の借入をする人以外でも、万が一提出を求められた時のために、次の書類のいずれかを準備しておきましょう。

 

・源泉徴収票

 

・確定申告書

 

・税額通知書

 

・給与明細(直近2ヶ月+賞与明細1年分)

 

 

サラリーマンの人の場合、源泉徴収票か給与明細のどちらかを提出することになるでしょう。提出を求められた際に、引っ越しの荷物に紛れて見つからないという人は、高額の申込はできませんので注意が必要です。

 

もし提出ができない状況であれば、最初は希望限度額を低く設定し、カードローンの利用開始後に必要に応じて増額申請をしましょう。

 

 

・転勤後の勤務先への在籍確認電話に注意

 

もう一つ注意が必要なのが、在籍確認の電話です。

 

あなたが本当に仕事をしているのかを確認するために、カードローン会社から職場へ電話がかかってきます。この電話の目的はあくまで在籍の確認だけなので、会社の人にカードローンの利用がバレてしまう心配はありません。

 

あなたが電話に出ることができなかったとしても、電話に出た人が「○○は席を外しております」と答えてくれれば在籍確認は完了です。しかし転勤をして間もない場合、電話に出る人があなたが在籍しているのをまだ把握できていない可能性もあります。

 

万が一電話に出た人が「○○という者はおりません」と答えてしまったら、在籍確認はできたことにはなりません。この様なことがないように、事前に根回しが必要です。

 

自分が直接電話に出られない状況であれば、「クレジットカードの契約内容を変更したから、確認の電話がかかってくるかもしれない」などの言い訳を考えて、新しい職場の人に周知しておきましょう。

 

 

◎転勤で引っ越しをした後に、最速で確実にカードローンを利用する方法

 

ここからは、転勤で引っ越しをしたばかりの人が一番早くできる限り確実に借入できる方法を解説していきます。見落としのないようにに一つずつ確認しながら手続きを進めていってください。

 

 

・転入手続きをし、住民票の写しをを入手する

 

まずは必要書類を提出できるよう、準備をしましょう。

 

本人確認書類の住所が以前のままだと、別途住民票か公共料金の領収書が必要です。新しい住所に書き換える場合でも住民票は必要なので、最初に市区町村に行き、転入の手続きを済ませてしまいましょう。

 

転入の手続きには転出時に受け取った転出証明書が必要なので、忘れずに持っていきましょう。転入の手続きが完了したら、新しい住民票の写しを取得してください。

 

収入証明書が必要ない金額であれば、以前の住所記載のまま本人確認書類と住民票の写しをセットで申込が可能です。また、念のために収入証明書(源泉徴収票や給与明細など)も、すぐ出せる場所にあるかチェックをしておくといいですね。

 

 

・申込むカードローンは消費者金融を選ぶ

 

カードローンを選ぶ際には、銀行カードローンか消費者金融カードローンのどちらかを選ぶことになります。

 

普段から馴染みがあって信頼できる上に金利が低いという理由で、銀行カードローンを選ぶ人が多いですが、引っ越したばかりの人は消費者金融に申し込んだ方が良いでしょう

 

銀行カードローンよりも審査を通過する確率が高い上に、申込から借入までのスピードが早いので、審査が不安な人も急いで借入をしたい人にもおススメです。

 

金利の高さが気になるでしょうが、1ヶ月間の無利息期間が付いているので、短期間の借入であれば銀行カードローンよりも圧倒的にお得ですよ

 

 

・申込はインターネットで行う

 

カードローンの申込方法は、インターネット、電話、自動契約機の3種類ありますが、できるだけ早く借入したいのであればインターネットで申込をしましょう。

 

電話申込の場合は、すべての情報を口頭で伝えなければいけないので、申込が完了するまで20分近くかかってしまう上に、途中で中断することもできません。

 

自動契約機を使えば申込から契約まで一カ所で済ますこともできますが、審査の待ち時間にその場を離れることができないので、タイムロスが大きいです。インターネットでの申込であれば、スマホを使えば場所を選ばずどこでも手続きができますし、全部入力が完了するまで10分もかかりません。

 

入力する内容は、新しい住所と新しい職場の情報を入力します。今までの古い情報を入れないように注意してください。

 

 

・審査が行われ在籍確認の電話がかかってくる

 

申込が完了すると審査が行われます。消費者金融の審査は最短30分で完了しますが、混雑状況によって待ち時間は変わります。在籍確認の電話がかかってくるのもこのタイミングなので、職場の人にまだ名前を覚えられていない可能性がある場合は、予め根回ししておく必要があります。

 

 

・契約手続きはインターネットか自動契約機

 

無事審査が完了すれば、次は契約手続きです。契約方法には、インターネットと自動契約機の2種類あります。

 

 

・銀行振込で借りたい人はインターネット契約

 

審査結果の連絡がきたら、そのままインターネットで契約手続きをすることができます。

 

必要書類はここで必要なので、用意しておきましょう。書類の提出は、スマホのカメラ撮影をしたものをアップロードするだけです。契約手続き自体は5分もかからないくらいで完了します。

 

カードローン会社によっても異なりますが、インターネットで契約する際はカード発行無しで取引をすることもできます。その場合、カードを利用したATMでの現金の借入ではなく、土日や15時以降の振込は当日中に反映されない金融機関が多いので、即日融資を希望する場合は、振込を希望する銀行口座への24時間振込対応が可能かどうか、カードローンの公式サイトで確認してみてください。

 

また契約完了後には、スマホアプリでセブン銀行ATMが利用可能になる消費者金融もあります。(2019年5月現在では、プロミス、アイフル、SMBCモビット、レイクALSAで利用可能)

 

カード不要でスマホさえあれば現金が引き出せるので、とても便利なサービスになっています。

 

 

・カードで借りたい人は自動契約機で契約

 

ATMでカードを使って借入をしたい人は、ネットでの申込後に自動契約機へ行って契約手続きをし、その場でカードを受け取りましょう。

 

自動契約機の中で書類の提出をするので、忘れずに持っていってくださいね。ブースの中にあるスキャナーで必要書類を読み込ませ、簡単な手続きが完了すればカードが発行されます。

 

そのカードを使えば、全国のコンビニなどの提携ATMでいつでも借入をすることができます。自動契約機の横に設置してあるカードローン会社のATMを利用すれば、手数料がかからず契約後すぐに借入ができるのでおススメです。

 

引っ越しをしたばかりだと、予想外の出費も多くなりますよね。万が一お金が足りなくなった時は、すぐに借入できるカードローンが頼りになります。居住期間が短かったとしても、審査に通ることは可能です。ぜひ、消費者金融のカードローンを利用してみてくださいね。

 

いかがでしたか?

 

それでも資金調達できなかった場合などには、弊社七福神へ一度お問い合わせください。七福神は融資などを行う消費者金融ではありません。七福神の給料ファクタリングサービスは、融資をお客様にするのではなく、債権譲渡による債権の売り買いを行う売買契を行っていますので、消費者金融と比べると審査も通りやすいです。

 

即日融資に代わる、即日で審査からご入金を行っていますので、急な冠婚葬祭や突発的に現金が必要になってお困りな方々をサポートしてきました。カードローンやキャッシングで事故を起こしてしまいブラックになってしまった方でも給料ファクタリングサービスならすぐに現金化してきた実例も多くあります。

 

気になる方がいましたら、まずは気軽にお電話してみてください。皆様からのお申込みを七福神スタッフ一同、心よりお待ちしております。