BLOG

すぐに現金を借りる方法ってあるの?借りる方法と注意点について―前編―

2020/05/08
ロゴ

すぐに現金を借りる方法ってあるの?借りる方法と注意点について―前編―

世の中ではキャッシュレス化が進み、普段の買い物はクレジットカードや電子マネーを利用して支払いをしている方が増えています。現金を持ち歩かない方もいるようです。

そんなキャッシュレス化の中でも現金が必要になるタイミングってありますよね。ご祝儀やご香典などの冠婚捜査のお金、病院や診察費用(大きな病院や都会の病院ではキャッシュレス化も進んでいるようです)、子供の学校へ支払う給食費や部活動費など、まだまだ現金が必要な支払い場面はあります。

しかし、給料日前で現金が手元にない時、大きな金額が必要で手持ちのお金では用意出来ない場合どうすれば良いでしょうか?

本日は、お金が必要になった時にすぐに現金を借りる方法はあるのか?借りる方法とその注意点についてまとめました。ぜひ参考にしてみて下さい。

 

現金を借りる3つの方法とは?

お給料日まで出費を切り詰めれば何とか出来る金額やお願いすれば待ってもらえる支払いなどの場合は自分で対処出来ます。しかし、タイミングが悪く思いもしない時に高額のお金が必要になる時はあります。そんな時に大体の方はお金を借り入れしようと考えるはずです。そんな時に役立つ現金を借りる3つの方法に下記で見ていきましょ

 

1、 親族や友人から借りる

まずは、親族や友人から借りられないか相談してみましょう。しかし、お金の貸し借りにより、今までの関係が悪化してしまう事も考えられます。どんなに親しい間柄でもお金を借りる事は今までの関係にひびが入ってしまうなど、大きなリスクが伴います。親族や友人から借りる際には慎重かつ信頼を失うような行動は避けなければなりません。

期日までに必ず返す意思をしっかり見せ、可能な限り借用書などを作成して、借りた金額や返済期日を明確にしましょう。

 

2、 クレジットカードのキャッシング枠の利用

普段から使っているクレジットカードにキャッシング枠がないか確認しましょう。クレジットカードには一般的にショッピング枠とキャッシング枠があり、申し込み時などに設定する場合があります。ショッピング枠はその名の通りショッピングの支払いや電気代や水道代など公共料金の支払いにも利用出来る他、サービス料の支払いも可能です。キャッシング枠は現金を借りる事が目的なので、借り入れしても利用目的は自由です。

キャッシング枠が設定されていない場合には、再度審査に通る必要がありますが、後からでも付けられます。

ただし、ショッピング枠とキャッシング枠は利用限度額が一緒の為、ショッピングで限度額ぎりぎりまで利用しているとキャッシング枠はない事も考えられます。利用の際にはショッピング枠とキャッシング枠の合計利用額に注意しなければなりません。

 

3、 カードローンの利用

ローンには車のローン、教育ローン、住宅ローンなどいろいろなローンがあります。ローンを組む際には利用目的に合わせてお金を借りる事が1番ですが、目的を問わない使い道が自由なローンもあります。それでは、使用目的を問わないローンについて見ていきましょう。

 

【使用目的を問わないローン】

・フリーローン

使用目的に制限がないので、結婚資金や旅行資金などに利用が可能です。

 

・カードローン

使い道が自由かつ利用限度額内であれば複数回借り入れが可能です。(事業や投資目的は対象外になります。)

 

どちらのローンも使用目的は自由ですが、カードローンよりフリーローンの方が金利設定が安い傾向にあります。

ただし、フリーローンは申し込みから融資まで1週間程度時間がかかるので、今すぐにお金が必要な方にとっては向かないかもしれません。フリーローンを利用する際には時間や日にちに余裕を持って申し込みしましょう。また、1度の申し込みで1度しか借り入れが出来ないので、繰り返し借り入れしたい場合にはフリーローンの利用は不向きかもしれません。一方でカードローンの方は、フリーローンに比べて金利が高い事がデメリットですが、最短で即時融資が受けられる事、利用限度額内であれば何度でも借り入れが可能なので、利用の自由度が高いのはカードローンでしょう。

 

カードローンとクレジットカードのキャッシングって何が違うの?

カードローンの性質を先ほど解説しましたが、クレジットカードのキャッシングを利用の仕方が似ていると感じた方もいるでしょう。カードローンもクレジットカードのキャッシングも決められた限度額内であれば、必要になった時に繰り返し利用が可能です。

クレジットカードのキャッシングは、手持ちのクレジットカードにキャッシング枠がついていれば、改めての申し込みは必要なく、借りたい時にいつでも借り入れする事が可能です。

しかし、金利が高めに設定されており、ショッピングの支払いと合わせて翌月の一括払いで返済しなければならないので、返済の負担が大きくなる場合があります。

対して、カードローンですが業者によっては即日融資が可能であり、借り入れしたい金額によってはクレジットカードのキャッシングより金利が低くなるケースがあります。業者によって無利息サービスもあるので、それを利用すればもっとお得に借り入れが出来ます。

なるべく早く借り入れしたい、支払う利息は抑えたい、と考えている方には、カードローンの利用をおススメします。

 

本日は、すぐに現金を借りる方法ってあるの?借りる方法と注意点について―前編―をお送りしました。すぐにお金を借りる3つの方法と、カードローンとクレジットカードのキャッシングとの違いについて解説しました。どれくらいのお金が必要なのか、いつまでに用意しなくてはならないのかによっても、借り入れするところが違ってきます。借り入れする際には使用目的や使用日について正しく把握し、よりお得に借り入れ出来るところを利用しましょう。後編では、特にカードローンに焦点を当てて、申し込み前に抑えておきたい3つの注意点について解説します。