NEWSFEED新着情報
2020/03/17

お客様へ再契約に関しての大事なご報告

令和2年3月17日

お客様各位

株式会社ZERUTA
代表取締役 足立慎吾

お客様への大事なご報告

拝啓、お客様におかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
日頃より弊社各サービスにつきまして格別なご愛顧を賜りありがとうございます。

 

この度、お客様へ再契約に関しての大事なご報告がございます。

 

七福神では現状、期日の精算日にしっかりとお勤めの会社様に代わって債権譲渡された金額を弊社にご入金して頂ければ、精算した当日から再契約は可能になっております。
今までは同条件であっても、前回よりも大きい債権金額であってもお客様のご希望に添えるようファクタリングの契約を行ってきました。

 

しかし、本来ファクタリングは毎月利用するサービスではありません。

 

生活の帳尻を合わせるのに、数か月連続でファクタリングを利用しないとならない場合もあるのですが、その場合は少しずつファクタリングを行う金額を下げていかなければなりません。
ごく一部のお客様に限りですが、毎月ファクタリングを利用されているお客様を見ていて、私達にもある疑問が生まれてきました。

 

果たしてこのサービスはお客様の生活のお役に立っているのか?

 

個人向けの給料ファクタリングを国内で一番最初にスタートしたのは七福神です。

 

私達もこのサービスを知った時、こんなサービスがあったら便利だろう、会社としても利益を生み、なおかつ日本経済が活性化されることに繋がり、日本経済が循環するきっかけになればと思ってスタートしました。
絶対に給料ファクタリングを必要としている人達は沢山いると、利用者の方々に満足していただけると思って給料ファクタリングをスタートしました。

 

しかし、ごく少数の方とはいえ、毎月ファクタリングを同じ金額で利用しているお客様を見ていて、これは自分達が描いたものとは違うという現実がありました。

 

会社としての利益面だけ考えれば、今まで通り再契約の際、お客様のご希望通り給料債権の買取を行うのがいいのでしょう。極端に言えば毎月利用していただき、買い取るお給料債権を上げていったほうが会社の利益に繋がるのは確かです。

 

しかし、自分達だけ儲かればそれでいい、これでは私たちが求めている企業理念とは違ったものになってしまいます。
七福神では、連続してのご利用の場合は、お客様の不利益にもなりかねないので、基本的にはセーブして同じ給料債権までしか買い取らないようにしていました。

 

利用するにしても譲渡する債権の金額を下げていかなければ生活は圧迫する可能性が高まり、手数料が毎月発生することになってしまいますし、いつまで経ってもファクタリングを利用しなければならない状態になってしまいます。

 

一部のお客様に限りですが、このような状態になっているお客様がいらっしゃるので、七福神では再契約の際、制限をかけさせていただくことにいたしました。
令和2年4月1日より
連続してファクタリングを利用される際には、買い取るお給料債権の金額を強制的に下げさせて頂きます。一か月以上利用していない期間が空いている場合は今まで通りの金額で契約させていただきますが、連続してのご利用の際には、買い取るお給料債権は下げさせて頂きます。
今までご利用されていたお客様にはご不便をおかけしますが、そうすることが全てのお客様達の生活の安全に繋がると信じての決断ですので、何卒ご理解を頂きたいと思います。

 

七福神の大半のお客様方は、給料ファクタリングを上手くご活用しており、大変感謝の言葉を頂いております。
私達も自分達のサービスに自信が持て、やりがいも感じています。
実際7月のボイスノートのイメージ調査、信頼できるファクタリング業者、お客様満足度の高いファクタリング業者で1位を獲得していて、多くのお客様達の暮らしの役に立っているのは間違いない事実だと思います。

 

給料ファクタリングは賛否両論あると思いますが、ご利用方法さえ間違えなければ、非常に利便性の高いサービスです。
今回の処置、弊社としても苦渋の決断でしたが、何卒ご理解頂ければと思います。

 

今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

敬具