ロゴ

最近話題の「給料ファクタリング」ってどんなサービス?【ファクタリング】

「給料ファクタリング」ってどんなサービス?

融資や貸付けに頼らない低リスクの資金調達法として人気が高まっているファクタリング。

資金繰り改善を目的に、利用もしくは検討された経験がある事業主の方もいらっしゃるかと思います。

事業向けファクタリングは、売掛金を売却して資金を調達するという性質上、当然ながら事業者向けの金融サービスとなりますが、事業を営んでいない個人向けのファクタリングが最近密かに注目を浴びている事をご存知でしょうか?

そのサービスが「給料ファクタリング」です。

ファクタリングとは、簡単に言ってしまうと債権を売り、資金を調達する金融サービスです。

企業が抱える売掛債権(未回収の売上げ代金)をファクタリング会社へと売却することで、資金の調達ができる。

つまり「お金を借りることなく」資金繰りの改善を期待できる非常に低リスクの資金調達手段です。

通常であれば、取引先との間で契約を交わして売掛金が発生したとしても、早くて1ヶ月後、業界や取引先によっては2~3ヶ月後まで待たなければならないケースもあります。

業界によっては、資金繰りが安定していないにも関わらず、支払日までの間に次の仕入れをする必要があり、大きな出費を用意するケースが度々訪れます。

そんな状況に陥ってもファクタリングを利用すれば、通常の支払い期日よりも早く売掛金を回収頂き、資金繰りの安定を図る事が可能になります。

また、融資でないとはいえファクタリングも金融サービスである以上、審査が必要にはなりますが、基本的に審査の対象となるのは申込みを行った企業ではなく、その企業の売掛金を保有する取引先です。

そのため、融資の審査で重要視されるような赤字決済や税金の滞納といった自社の経営状況の心配はほとんど必要ありません。

審査にかかる時間も銀行の融資審査などに比べて圧倒的に短く、早ければ即日で、長くても1週間ほどで審査結果を通知し、入金に応じるといった迅速かつ柔軟な対応ができることもファクタリングの強みです。

ここまでがファクタリングの内容ですが、このような仕組みを個人向けにアレンジし提供されているサービスが「給料ファクタリング」です。

多くの個人の方に、毎月『ある』債権が発生していることは、意外と知られていません。それが『給料』です。

個人向けのファクタリングである「給料ファクタリング」では、勤め先で発生する「給料」を「債権」とみなす事で、現金化する事ができます。

このような「債権」をファクタリング業界では「給料債権」と呼びます。

「給料ファクタリング」は具体的にどのような流れで行われるのでしょうか。

  • 1.まずは自身の職場で勤務する事により、お給料を得る
  • 2.ファクタリング会社へ申し込み後、審査が行われる
  • 3.審査通過後、売掛状態となっているお給料を「給料債権」としてファクタリング会社へ売却する
  • 4.ファクタリング会社が『給料債権』を現金化し、利用者に代金を支払う
  • 5.利用者が職場で定められた給料日に給料を受け取る
  • 6.ファクタリング会社へ清算する

以上が「給料ファクタリング」利用の大まかな流れです。

「給料ファクタリング」の利用は勤め先に知られないのか?

上記の流れを見た中で最大の心配事を挙げるとすれば、「職場にバレないのか?」という点ではないでしょうか。

このような金融サービスを利用するということは、何らかの金銭的な事情を抱えている場合が多いため、なるべく秘密裏に契約を進めたいものです。

結論からいえば「給料ファクタリング」の利用に際して勤め先や家族が関与することは一切なく、利用が知られる心配もありません。

これは「給料ファクタリング」が「二者間取引」で行われるためです。

ファクタリングには、「自社(利用者)」「取引先(勤め先)「ファクタリング会社」の三者の間で契約を進める「三者間取引」と、「自社(利用者)」「ファクタリング会社」の二者間で契約する「二者間取引」があるのですが、「給料ファクタリング」の契約は後者の仕組みで行われるため、第三者には知られることなく秘密裏に契約を進められます。

『メリット豊富な給料ファクタリング』

「給料ファクタリング」に関わらず、「ファクタリング」の比較対象となるのは、やはり融資や貸付けです。

「給料ファクタリング」も事業主向けの「ファクタリング」と同じように「借りずに」現金を取得できる事から、融資や貸付けのような金利の心配も不要となっております。

また、買い取った「給料債権」自体に金銭的価値が付随するため、保証人や担保を提供する必要もなく、あくまで利用者自身が働いて発生した「給料債権」の範囲内での売買契約となるため、クレジットカードやローンを利用できないといった金融ブラックの人も契約できるほか、信用情報に傷がつく事もありません。

『給料債権の発生』

個人の多くの方々は、雇用形態にかかわらず会社や小売店などに所属し、勤務した対価としてお給料が発生しています。

しかしお給料が発生したからといっても、即日払いの契約ではない限りは毎月決められたお給料日にしか受け取る事ができません。

ここでファクタリングの仕組みを当てはめてみると、既に発生している給料は売掛状態になっていると考えることができます。つまり、ビジネスの世界における「売掛債権」と同じ扱いになります。

この給料を「給料債権」とし、売却の対象として、ファクタリング会社に買い取ってもらい、給料日前に現金化する。

これが「給料ファクタリング」の基本的な仕組みになります。

ちなみに「給料ファクタリング」利用のための条件は「給料が発生する」ことのみですので、社員や、アルバイト・パートといった雇用形態を問われる事はありません。

『利用手数料』

融資や貸付けと比べても「給料ファクタリング」が比較的低リスクの金融サービスである事と理解できたかと思いますが、注意しなければいけない点も御座います。

それは利用手数料です。

「給料ファクタリング」のみならず、企業向けの「ファクタリング」も同様ですが、「ファクタリング」の契約時、つまり「債権」を売却する際には必ず手数料が発生します。

したがって、例えば5万円の「給料債権」を現金化しようとしても全額を受けとる事はできず、ファクタリング会社によって定められている利用手数料を差し引いた金額が手渡される事になります。

「給料ファクタリング」を利用する際には、「支払われる予定の給与額」「利用手数料」「実際に受け取れる金額」を計算して正確に把握しておかなければならない事を覚えておきましょう。

ここまで個人でも借りずに現金を取得できる「給料ファクタリング」について説明してきました。

生活費の足しや冠婚葬祭への出席、クレジットカードが利用できない、病気や怪我で一時的に高額の支払いを求められた場合など、急に現金が必要なケースで強い味方となってくれる「給料ファクタリング」ですが、弊社、七福神が最も得意としている分野でございます。

個人の皆様が、より幅広く資金調達を行い、より良い人生を築いていくためのサポートができれば幸いでございます。